先進医療がわかる記事一覧

「がんの先進医療」に掲載された記事の中で、先進医療に関する記事のタイトルを掲載しています。一部の記事はWebで公開していますので、クリックしてご覧ください。

掲載号 記事タイトル 概要 がん種
2017年4月発売 25号 「最先端の免疫細胞療法」を駆使したオーダーメイドがん治療 〜さまざまながん腫に対する免疫細胞療法によるアプローチ〜 第3回 発症予防・再発予防 加藤洋一先生(新横浜かとうクリニック院長)による「最先端の免疫細胞療法」を駆使したオーダーメイドがん治療の解説。 全がん共通
2017年4月発売 25号 樹状細胞療法 第25回 免疫新薬より凄い奥の手 ~免疫新薬が効かなかったとき、免疫細胞の障害となる 因子を取り除く~ 星野泰三先生(東京・大阪・京都統合医療ビレッジグループ理事長 プルミエールクリニック院長)による樹状細胞療法の解説。 全がん共通
2017年1月発売 24号 重粒子線による膵がんの治療  術前治療と局所進行膵がんに対する治療 山田 滋先生(国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所病院治療室長)による重粒子線による膵がんの治療の解説。 膵臓がん
2017年1月発売 24号 膵臓がんの陽子線治療  前方浸潤を認めなかった膵がんの生存率は70%と高率 寺嶋千貴(兵庫県立粒子線医療センター医長)による膵臓がんの陽子線治療の解説。 膵臓がん
2017年1月発売 24号 膵がんに対する術前化学放射線療法  術後局所再発と遠隔転移の制御を目指して 石川 治(大阪府立成人病センター外科・名誉院長)による膵がんに対する術前化学放射線療法 の解説。 膵臓がん
2017年1月発売 24号 樹状細胞療法 第24回 免疫治療の効果を躍進させるファイバー・ブレーク治療 ~免疫新薬への抵抗性が強いがんの分厚い〝壁〟を取り払う~ 星野 泰三先生(東京・大阪・京都統合医療ビレッジグループ理事長 プルミエールクリニック院長)による免疫治療の効果を躍進させるファイバー・ブレーク治療の解説。 全がん共通
2017年1月発売 24号 「最先端の免疫細胞療法」を駆使したオーダーメイドがん治療 〜さまざまながん腫に対する免疫細胞療法によるアプローチ〜 第2回 膵がん 加藤洋一先生(新横浜かとうクリニック院長)による膵臓がんにおける「最先端の免疫細胞療法」を駆使したオーダーメイドがん治療の解説。 膵臓がん
2016年10月発売 23号 「最先端の免疫細胞療法」を駆使したオーダーメイドがん治療 〜さまざまながん腫に対する免疫細胞療法によるアプローチ〜 第1回 胃がん 加藤洋一(新横浜かとうクリニック院長)による胃がんにおける免疫細胞療法によるアプローチの解説。 胃がん
2016年7月発売 22号 重粒子線による涙腺がんの治療 牧島弘和先生(国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構放射線医学総合研究所病院 医師)と辻比呂志先生(国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所病院 治療課長)による重粒子線による涙腺がんの治療の解説。 涙腺がん
2016年1月発売 20号 陽子線による脳腫瘍の治療 ―米国・欧州でも陽子線治療施設・患者数が増加し、新しい臨床成績の報告が 水本斉志先生(筑波大学附属病院陽子線医学利用研究センター講師)による陽子線による脳腫瘍の治療の解説。 脳腫瘍