膀胱がんとは

  • 膀胱がんは高齢者に多く、男性に多い傾向がある。
  • 発見するための有効なスクリーニング検査はなく、血尿が出て発見されるケースが多い。
  • 筋層非浸潤がんと筋層浸潤がんに大別される。約70%を占める筋層非浸潤がんは、比較的予後がよい。

膀胱がんは、膀胱の最も内側を覆っている粘膜から発生します。この粘膜は、尿路上皮粘膜といい、腎盂(じんう)、尿管、尿道の粘膜と同じです。したがって、膀胱がんの組織型は、腎盂、尿管、尿道に発生するがんと同じで、尿路上皮がんに分類されています。

好発年齢は60~70歳代で、高齢者に多いがんです。社会の高齢化に伴い、日本では患者数が増加しています。男性に多いという特徴があります。がん研究振興財団がまとめた『がんの統計’14』によれば、膀胱がんによる2013年の死亡者数は、男性が5266人(2.4%)、女性が2419人(1.6%)でした。また、膀胱がんの5年相対生存率(膀胱がんと診断された人で5年後に生存している人の割合を、日本全体で5年後に生存している人の割合で割って求める)は、73.5%となっています。

図:がん種別5年相対生存率

(引用:全国がん罹患モニタリング集計 2003-2005年生存率報告
独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書)

膀胱がんには多発するという特徴もあります。がんが発見された時点で、すでに多発しているケースが、30~40%はあります。また、治療後に、尿路(腎盂、尿管、膀胱、尿道)にがんが再発してくることもあります。

発がんの危険因子としては、喫煙があげられています。また、職業的に特定の化学物質(芳香族アミンなど)に長期間接触することも、発がんの原因となることがわかっています。

膀胱がんを発見するための検診は行われていません。スクリーニングに適した検査がないためです。膀胱がんと診断される人の85~90%ほどは、肉眼的血尿(肉眼で見てわかる血尿)が出て受診しています。一方、膀胱がんと診断された時点で、膀胱刺激症状(頻尿や排尿時痛)のある人は、20%ほどしかいません。血尿と膀胱刺激症状が両方現れる人も一部いますが、多くの場合、頻尿や排尿時痛などの症状はないのに血尿が出ることになります。血尿はいったん出ても数日で止まることが多く、そのために受診が遅れることがよくあります。血尿が出た場合には、たとえ痛みなどの症状がなくても、数日で止まったとしても、泌尿器科を受診することが大切です。

粘膜で発生した膀胱がんは、膀胱壁の深部へと増殖していきます。がんがどの深さまで達しているかを示すのが深達度です。膀胱がんは深達度によって、「筋層非浸潤がん」と「筋層浸潤がん」に大別されます。膀胱壁は、内側から、粘膜、粘膜下層、筋層、漿膜が重なった構造になっています。粘膜から発生したがんが、粘膜下層まで(T1まで)にとどまるのが筋層非浸潤がん、筋層以上(T2以上)に浸潤するのが筋層浸潤がんです。多いのは筋層非浸潤がんで、膀胱がん全体の約70%を占めています。

図:膀胱がんの深達度

筋層非浸潤がんと筋層浸潤がんは、性質が異なり、進行の仕方も違っています。そのため、両者は治療方針も違っています。一般に、筋層非浸潤がんは予後がよく、筋層浸潤がんは予後が悪いとされています。ただし、筋層非浸潤がんの中には、「上皮内がん」という予後の悪い種類もあります。上皮内がんは、悪性度の高いがん細胞が、粘膜に沿って広がっていくタイプのがんです。

(監修:東京医科歯科大学大学院腎泌尿器外科教授 藤井靖久先生)

膀胱がん関連ページ

膀胱がんやがん全般に関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 第9回 膀胱がん

藤井靖久先生(東京医科歯科大学大学院腎泌尿器外科学分野准教授)が膀胱がん治療の基礎知識について解説しています。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。

膀胱がん一覧