血液がんの検査と診断

  • 白血病は骨髄検査で診断がつき、骨髄性かリンパ性かもわかる。
  • 悪性リンパ腫は組織を調べて種類を判断する。
  • 多発性骨髄腫では血液検査と尿検査が行われる。

白血病

白血病が疑われる場合には、まず血液検査が行われます。白血病であれば、赤血球、白血球、血小板などが減少し、白血病細胞が増えています。

血液検査で、血球数が減少していたり、白血病細胞が見つかったりした場合には、骨髄検査が行われます。骨盤の骨(腸骨)に太い針を刺して骨髄液を採取し、それを顕微鏡で調べるのです。正常ならばいろいろな細胞が見られますが、白血病の場合には、白血病細胞ばかりが増えています(図)。骨髄検査では、白血病細胞の特徴から、骨髄性かリンパ性かも調べます。

染色体や遺伝子についても調べます。慢性骨髄性白血病の大部分、急性リンパ性白血病の一部は、フィラデルフィア染色体(図)という特殊な染色体を持っています。9番染色体と22番染色体の一部が結合してできた異常な染色体で、その染色体が持つbcr-ablという遺伝子が、白血病細胞の異常増殖を促してしまうのです。

(図) 「正常な骨髄と白血病の骨髄」

「正常な骨髄と白血病の骨髄」

(図) 「白血病細胞の異常増殖を促すフィラデルフィア染色体」

「白血病細胞の異常増殖を促すフィラデルフィア染色体」

(表) 「白血病の主な検査」

検査の目的 検査名 検査のやり方 検査でわかること
白血病の診断 血液検査 血液を採取し、血球数や、未成熟な血液細胞である白血病細胞の有無や状態を調べる。 血球数に異常があるかどうか、白血病細胞が増えているかどうかがわかる。
骨髄検査 腸骨に針を刺して骨髄液を採取し、それを顕微鏡で調べたり、遺伝子や染色体を調べたりする。 白血病かどうか、骨髄性かリンパ性か、特殊な遺伝子をもっているかどうかがわかる。

悪性リンパ腫

悪性リンパ腫が疑われる場合には、生検を行ってリンパ節から採取した組織を調べます。それによって、悪性リンパ腫かどうか、どのタイプの悪性リンパ腫か、という診断がつきます。悪性リンパ腫は、多くのタイプに分類されています。さらに病期分類のために、CT検査、MRI検査、PET検査などの画像検査や、骨髄検査などが行われます。

(図) 「悪性リンパ腫」

「悪性リンパ腫」

(表) 「悪性リンパ腫の主な検査」

検査の目的 検査名 検査のやり方 検査でわかること
悪性リンパ腫の診断 生検 腫れているリンパ節や腫瘍の一部を採取し、顕微鏡で調べる。 悪性リンパ腫かどうか、どのタイプの悪性リンパ腫かがわかる。
病期を調べる 画像検査(CT検査、MRI検査、PET検査) 病変の広がりから病期を判定する。
骨髄検査 腸骨に針を刺して骨髄液を採取し、顕微鏡で調べる。 病変が骨髄まで広がっているかどうかを調べる。

多発性骨髄腫

多発性骨髄腫が疑われる場合には、血液検査と尿検査が行われます。血液検査では造血機能にどのような影響が現れているかがわかります。尿検査では、Mたんぱくの一部が尿に出てくることで診断に役立ちます。それで異常があれば骨髄検査を行い、診断を確定します。全身の骨の状態を調べるため、X線検査、CT検査やMRI検査などが行われます。

(表) 「多発性骨髄腫の主な検査」

検査の目的 検査名 検査のやり方 検査でわかること
多発性骨髄腫の診断 血液検査 血液を採取し、血球数などを調べる。 造血機能への障害の程度がわかる。
尿検査 尿を採取し、Mたんぱくの一部であるBJP(ベンスジョーンズたんぱく)が排出されているかどうかを調べる。 BJPが出ていれば多発性骨髄腫の可能性が高い。
骨髄検査 腸骨に針を刺して骨髄液を採取し、顕微鏡で調べる。 多発性骨髄腫であるかどうかがわかる。
病変の広がりが骨の状態を調べる 画像検査(X線検査、CT検査、MRI検査) 病変の全身への広がりや、全身の骨の状態がわかる。

(監修:日本赤十字社医療センター骨髄腫・アミロイドーシスセンター長  
鈴木憲史先生)

血液のがん関連ページ

血液のがんに関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第19回 血液がん

血液がん(白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫)治療の基礎知識について、日本赤十字社医療センター 骨髄・アミロイドーシスセンター長 鈴木憲史先生に解説していただきました。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。