• 患者さんが検査で何を調べるのかを理解することが、その先の治療方針や治療法を決める手助けにもなる。
  • 「発見するための検査」「確定診断のための検査」「治療を進めるための検査」がある。

患者さんが検査で何を調べるのかを理解することは、自分の病状を把握しやすくし、治療方針や治療法を決める手助けにもなります。

乳がんの検査には、3つの段階があります。まず、検診などで乳がんらしき病変を「発見するための検査」、次に、発見された病変が乳がんであるかどうかを判定する「確定診断のための検査」。そして、乳がんだった場合に「治療を進めるための検査」です。

1.発見するための検査

「視触診」の他、画像検査として「マンモグラフィ」と「超音波検査」が行われています。 マンモグラフィは、若い人の乳がんを発見するのにはあまり適していません。若い人の乳がんを発見するためには、超音波検査のほうが適しています。

検査名 検査のやり方 検査によって分かること
視触診 医師が乳房を観察し、手で触れる。 乳房内の腫瘤(しこり)の有無、腫れたリンパ節の有無、乳頭の異常分泌などを調べる。
マンモグラフィ 乳房専用のX線検査。基本的には、左右斜めと上下の2方向から撮影。乳房を圧迫して撮影するため、多少の痛みを伴う。 がんの発見に加え、がんの大きさや位置がわかる。
超音波検査 超音波を使って乳房内を画像化する。放射線被曝や検査時の痛みがない。 マンモグラフィに比べ、乳腺が多い若い女性の乳房内のがんも発見しやすい。

2.確定診断のための検査

視触診、マンモグラフィ、超音波検査などで、乳房の中の腫瘤(しこり)が発見された場合、次の段階として、それががんであるかどうかを確定するための検査が行われます。そのためには、腫瘤の細胞や組織を採取し、顕微鏡で調べる必要があります。

その方法には、「針生検」と「細胞診」があります。

がんが疑われる場合には、基本的には針生検が行われます。治療を進めるには、がんの性格(ホルモン受容体、HER2の状態、Ki67の状態、核異型度など)を知る必要があります。(詳しくは「がんの性格」の説明をご参照ください。)がんの性格は、細胞診ではわかりませんが、針生検の結果でわかるからです。

したがって、細胞診は、がんでないことを確認する場合(良性腫瘍が疑われる患者さんなど)に行われることが多いです。

検査名 検査のやり方 検査によって分かること
細胞診 腫瘤に注射針を刺し、吸引して細胞を採取。採取した組織は、染色して顕微鏡で観察。(麻酔は必要なし。) がんであるかないかを調べる。
針生検 局所麻酔をしてから、生検用の針(注射針よりも太い)を刺し、腫瘤(しこり)の組織を採取(吸引式の「マンモトーム」という方法もある)。採取した組織は、染色して顕微鏡で調べる。 ・がんかどうかを判定する。
・がんの場合には、採取した組織を使って、がんの性格(ホルモン受容体、HER2の状態、Ki67の状態、核異形度など)を調べる。
 ⇒治療を進めるための検査でもある。

3.治療を進めるための検査

針生検は、確定診断のための検査であると同時に、がんの性格を調べることもできるので、治療を進めるための検査でもあります。オーダーメイド治療が進んでいる乳がん治療では、その人のがんの性格を見分けることがきわめて重要です。

それに加え、治療のためには、がんの広がりから「がんの進行度」を調べる必要があります。(乳房内にどのように広がっているのか、乳房の周囲にどのように広がっているのか、離れた臓器にどのように広がっているのかなど。)そのために、「CT」や「MRI」が行われます。

検査名 検査のやり方 検査によって分かること
CT エックス線を使って、体の断面を撮影する検査。 リンパ節、肺、肝臓など、主に乳房外への転移の有無を調べる。
MRI エックス線を使わず、強い磁石と電波を使って、体の断面を撮影する検査。 ・・乳房内の詳細ながんの広がりを調べる。
・がんが乳管内をどこまで伸びているか、小さな多発がないかもわかる。
・この広がり診断は、乳房温存術が可能かどうかを判断するのに有用。

(監修:医療法人湘和会 湘南記念病院 かまくら乳がんセンター長 土井卓子先生)

乳がん関連ページ

乳がんに関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 第1回 乳がん

湘南記念病院かまくら乳がんセンター長 土井卓子先生が、乳がん治療の基礎知識を解説しています

がん治療における補完代替医療研究の最前線

金沢大学大学院医学系研究科 臨床研究開発補完代替医療講座特任教授 鈴木信孝先生が、乳がんホルモン療法施行患者におけるシイタケ菌糸体の有用性について総説的に解説されています。

第23回乳癌学会リポート

厳選口演演題を取材し、仕事・余暇を楽しめる 乳がんの新しい薬物治療のあり方について報告しています。