大腸がんとは

  • 大腸がんの5年生存率は、約70%と比較的高い。
  • 術後の再発も少なく、再発しても早期発見すれば治癒する可能性が高い。

大腸がんは、大腸の粘膜に発生するがんです。大腸壁は、内側から、粘膜、粘膜下層、固有筋層、漿膜下層、漿膜という層に分かれています。大腸がんは、最も内側の粘膜で発生し、進行するにつれて深くまで達するようになります。
粘膜と粘膜下層にとどまっているがんを「早期がん」、粘膜下層を超えて広がっているがんや、他の臓器に転移しているがんを「進行がん」と呼びます。

大腸がんは、大腸のどこにできているかによって、「結腸がん」と「直腸がん」に分けられます。結腸には、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸が含まれます。これらの部位にできたがんが結腸がんです。それ以外の直腸にできたがんを直腸がんといいます。直腸は、直腸S状部、上部直腸、下部直腸に分けられます。

5年生存率は、他のがん種と比べて、高い方です。部位別で見ても、結腸がんも直腸がんも差はありません。
大腸がんは、手術後の再発が少なく、再発しても早期発見すれば手術で治癒する可能性が高いです。早期発見のためには、治療後の定期検診が大切です。

(引用:全国がん罹患モニタリング集計 2003-2005年生存率報告
独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書)

(監修:がん感染症センター都立駒込病院外科部長 高橋慶一先生)

大腸がん関連ページ

大腸がんやがん全般に関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第3回 大腸がん

高橋慶一先生(がん・感染症センター都立駒込病院外科部長)が大腸がん治療の基礎知識についてに解説しています。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。

大腸がん一覧