食道がんの治療法3――その他

  • 手術以外の根治療法では化学療法と放射線療法を同時併用する化学放射線療法が行われる。

食道がんの治療では、内視鏡治療や手術の他に、放射線療法や化学療法が行われることもあります。

放射線療法

日本人の食道がんは多くが扁平上皮がんです。扁平上皮がんには放射線が効きやすいため、放射線療法は食道がんの重要な治療法の1つです。手術の補助療法として行う場合と、根治的治療として行う場合とがあります。がんが気管や大動脈などにくっついているような場合には、そのまま手術したのではがんを取り切れない可能性があるので、補助療法として手術前に放射線を照射し、がんを小さくしてから手術を行います。手術後に、再発防止のために補助的に放射線をかける場合もあります。根治的治療の場合は、化学療法と組み合わせた化学放射線療法となります。

化学療法

根治的な化学放射線療法では、シスプラチン、フルオロウラシルの2剤を併用するのが一般的です。手術前に行う補助療法としての化学療法では、最近はシスプラチン、フルオロウラシル、ドセタキセルの3剤併用が多く用いられています。

(監修:順天堂大学医学部附属順天堂医院          
がん治療センターセンター長・特任教授 鶴丸 昌彦先生)

食道がん関連ページ

食道がんに関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第17回 食道がん

鶴丸昌彦先生(順天堂大学医学部附属順天堂医院がん治療センターセンター長・特任教授)が食道がん治療の基礎知識について解説しています。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。