食道がんの検査と診断

  • バリウムを飲む食道造影検査で異常が無くても、食道がんが見つかることがある。
  • 新しい内視鏡(NBI内視鏡)検査で小さな食道がんが見つかりやすくなっている。

食道がんを発見するために重要なのは内視鏡検査です。バリウムを飲んでX線撮影をする食道造影検査もありますが、小さながんを見つけるのは困難です。そのため、食道造影検査で異常が見つからなくても、内視鏡で小さな食道がんが見つかることがあります。

内視鏡でがんを見やすくするために、粘膜をヨード染色する方法があります。ヨード液をかけると正常な部分は茶色に染まりますが、がんのできている部分は染まらないので、はっきりと見分けることができます。

新しい方法としては、NBI(狭帯域光観察)内視鏡があります。青と緑の光を当てて粘膜を観察する内視鏡で、この方法だと、浅い層の毛細血管の状態を見ることができます。がんができていると血管が増えて乱れているため、どこにがんがあるのかがわかります。この検査法が普及したことで、初期の小さながんが見つかりやすくなりました。

食道がんと確定診断を下すためには、生検による病理検査が必要です。粘膜に発生したがんが、どこまで達しているかを調べるために、超音波内視鏡検査(EUS)が行われます。転移や浸潤*の状態を調べるために、CT検査、MRI検査やPET-CT検査などの画像検査が行われます。

*浸潤:がんが組織や臓器の内部に広がっていくこと

(表) 「発見するための検査」

検査名 検査のやり方 検査でわかること
食道造影検査 造影剤のバリウムを飲み、食道を通過するところをX線撮影する。 がんの有無、できている部位、大きさなどがわかる。
内視鏡検査 内視鏡を食道に挿入し、粘膜を観察する。ヨード染色や狭帯域光を利用することで、がんを見つけやすくなる。 がんの有無、できている部位、大きさ、広がり、表面の形状などがわかる。

(表) 「確定診断するための検査」

検査名 検査のやり方 検査でわかること
食道生検 内視鏡を使って患部の細胞組織を採取し、それを顕微鏡で観察する。 がんかどうかが明らかになる。

(表) 「治療を進めるための検査」

検査名 検査のやり方 検査でわかること
超音波内視鏡検査 内視鏡の先端から超音波を発信し、周囲の状態を画像化する。 がんが食道壁のどこまで達しているか、周囲のリンパ節への転移の有無、周囲の臓器への浸潤の有無や程度などがわかる。
CT(コンピュータ断層撮影)検査 X線を利用して体内を断層画像として描き出す。 転移や浸潤の有無や程度がわかる。
MRI(磁気共鳴画像)検査 磁気を利用して体内を断層画像として描き出す。 転移や浸潤の有無や程度がわかる。
PET-CT検査 アイソトープを組み込んだグルコースが、がんに集まり描出する。 原発巣や転移の有無がわかる。

(監修:順天堂大学医学部附属順天堂医院          
がん治療センターセンター長・特任教授 鶴丸 昌彦先生)

食道がん関連ページ

食道がんに関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第17回 食道がん

鶴丸昌彦先生(順天堂大学医学部附属順天堂医院がん治療センターセンター長・特任教授)が食道がん治療の基礎知識について解説しています。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。