肺がんとは

  • 肺がんは、日本人のがん種別の罹患者が3番目に多い。
  • 肺がんの5年生存率は、がん全体のなかでは低い部類。

肺は、上部が細く、下が広がった半円錐形をしています。上端は鎖骨の上に飛び出し、下は横隔膜に接してします。肋骨に接している面にある切れ込みによって、右肺は上葉、中葉、下葉の3つの部分に、左肺は上葉と下葉の2つの部分に分かれています(図1)

図1

その肺にできる肺がんは、日本人のがん種別の罹患数では3番目に多いがんです。また、肺がんの5年相対生存率(図2)は、がん全体のなかでは低い部類に入ります。

図2

引用:全国がん罹患モニタリング集計 2003-2005年生存率報告
独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書)

肺がんは、小細胞肺がんと非小細胞肺がんに大別できます。非小細胞肺がんはさらに細かく分類され、そのなかで発生頻度の高いのは、腺がん、扁平上皮がん、大細胞がんの3種類です(図3)

図3

(監修:国立がん研究センター東病院 呼吸器外科科長 坪井正博先生)

肺がん関連ページ

肺がんやがん全般に関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第4回 肺がん

坪井正博先生(国立がん研究センター東病院 呼吸器外科 科長 )が肺がん治療の基礎知識について解説しています。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。

肺がん一覧