鼻腔・副鼻腔がんの治療方針

  • 根治性に加え、機能の温存や整容性を考慮して治療が行われる。

鼻腔・副鼻腔がんの治療では、機能面と整容性に配慮した治療が必要です。そのため、手術も行われますが、放射線療法や化学療法を組み合わせることで、なるべく機能を残し、整容性にも配慮した治療が行われます。たとえば上顎洞がんでは、眼球近くまでがんが浸潤していることがあります。そのような場合でも、できるだけ眼球を温存する治療が行われます。ただ、眼球に浸潤しているなど、どうしても眼球を温存できないケースもあります。

(監修:国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院頭頸部内科長 田原 信先生)

鼻腔・副鼻腔がん関連ページ

鼻腔・副鼻腔がんに関する主な公開記事

第15回 頭頸部がん(鼻腔・副鼻腔がん、喉頭がん、口腔がん、唾液腺がん)

頭頸部がん(鼻腔・副鼻腔がん、喉頭がん、口腔がん、唾液腺がん)治療の基礎知識について、国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院頭頸部内科長 田原 信先生に解説していただきました。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。