膵臓がんとは

  • 膵臓がんは、罹患数と死亡数がほぼ同数である難治性がんの代表格である。
  • 日本人における膵臓がんの死亡数が、肺がん・胃がん・大腸がんに続き、4番目になるなど、罹患者数を少しずつ増やしている。

日本人におけるがん種別の死亡数は、順に肺がん・胃がん・大腸がん・膵臓がん・・・となっています。2015年の統計では、膵臓がんが肝臓がんと逆転しました。膵臓がんは罹患者数を少しずつ増やしているのです。

「膵臓がん」と呼ばれるがんのうちの90%以上は、膵管の細胞にできます。それを「膵管がん」と言い、一般に言うところの膵臓がんは「膵管がん」のことを指します。その他、膵臓がんに組み込まれるものとしては、膵神経内分泌腫瘍(がん)・膵管内乳頭粘液性腫瘍(がん)・粘液嚢胞性腫瘍(がん)などがあります。

膵臓は、食物の消化を助ける膵液をつくるほか、血糖値の調節に必要なインスリンやグルカゴンといったホルモンを産生する役割を担っています。この臓器は胃と十二指腸に囲まれていて、胃の後ろに隠れる位置にあります。長さ20㎝ほどの洋ナシ型をしていて、その膨らんでいる部分が「膵頭部」、真ん中が「膵体部」、幅が狭くなっている部分が「膵尾部」と呼ばれています。また、それぞれの部位にできたがんは、膵頭部がん、膵体部がん、膵尾部がんと称されています(図1)。

図1:膵臓

膵臓は腹部の深いところに位置しているため異変を発見しにくい臓器です。したがって、その多くで特有の症状が見られず、早期での発見は容易ではありません。膵臓がんは発見されたときにはすでに進行しているケースが少なくないのです。さらに、かなり早い時期から遠隔転移を起こしやすく、また、周囲の組織に浸潤しやすい性質を持ち合わせています。ですから、発見時には手術が不可能な状態に陥っていることが多いのです。

そのなかで、手術が可能な状態で見つかるのは、膵頭部がんが最も多く、次いで膵体部・膵尾部がんとなっています。というのは、膵頭部には胆管があり、そこが閉じられると黄疸という症状が現れ、早い段階で見つかる可能性があるからです。

手術が可能となる状態で見つかるのは2~3割です。そのうち、根治できるのがその10~20%。膵臓がん全体の5年生存率は2%程度と言われています。

膵臓がんの患者さんが病院を受診した理由としては、黄疸以外では腹痛、腰・背部痛などが挙げられます。それらの症状の他にも、食欲の減退や体重の減少などが見られます。

膵臓がんを引き起こすリスクファクター(危険因子)としては、糖尿病・慢性膵炎・喫煙・肥満……などが挙げられています。とりわけ、喫煙は膵臓がんの確実なリスクファクターであることがわかっていますし、糖尿病は膵臓がんのリスクを約2倍にするとされています。

膵臓がんは、40歳代より急激に罹患数が増加します。(図2)。

図2:膵臓がんステージ別生存率

(引用:全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査(2015年8月集計)による)

(監修:国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科 科長 奥坂拓志先生)

膵臓がん関連ページ

膵臓がんやがん全般に関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第7回 膵臓がん

奥坂拓志先生(国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科 科長 )が膵臓がん治療の基礎知識について 解説しています。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。

膵臓がん一覧