咽頭がん(上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がん)とは

  • 上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんに分かれ、日本では下咽頭がんが最も多い。
  • 中咽頭がんはウイルスが原因となるタイプが半数を占め、増加している。
  • 中咽頭がんの半数と下咽頭がんの多くは喫煙と飲酒が主な原因で発生する。

咽頭は空気や食べた物が通過する部分で、鼻の奥から食道につながっています。上から上咽頭、中咽頭、下咽頭の3つの部分に分けられています。上咽頭は鼻腔の奥にあたります。中咽頭は口の奥で、大きく口を開けることで一部を見ることができます。下咽頭はその下で、喉頭の後ろ側に位置しています。

上咽頭に発生するがんを上咽頭がん、中咽頭に発生するがんを中咽頭がん、下咽頭に発生するがんを下咽頭がんといいます。全体を咽頭がんと総称することもありますが、それぞれは別のがんです。発生する原因も違いますし、がんの性質や予後も違っています。そのため、治療法も同じではありません。特に上咽頭がんは、中咽頭がんや下咽頭がんとは、まったく異なるがんであるといえます。

国立がん研究センターの「最新がん統計」には、「口腔・咽頭がん」という項目で、「部位別がん死亡数(2014年)」「部位別がん罹患数(2012年全国推計値)」「部位別5年相対生存率」が公表されています。

(表)「部位別がん死亡数(2014年)」

  口腔・咽頭がん
男性 5263人
女性 2174人

(国立がん研究センター「最新がん統計」より)

(表)「部位別がん罹患数(2012年全国推計値)」

  口腔・咽頭がん
男性 13923人
女性 5309人

(国立がん研究センター「最新がん統計」より)

(表)「部位別5年相対生存率(2006~2008年診断例)」

  口腔・咽頭がん
男性 57.8%
女性 66.8%

※相対生存率=あるがんと診断された人のうち5年後に生存している人の割合が、日本人全体で5年後に生存している人の割合に比べ、どのくらい低いかを表している。

(国立がん研究センター「最新がん統計」より)

(図)がん種別5年生存率

(図)がん種別5年生存率 口腔がん・咽頭がん

(引用:全国がん罹患モニタリング集計 2003-2005年生存率報告
独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書)

上咽頭がん

上咽頭がんの大部分は、EB(エプスタイン・バー)ウイルスの感染が原因となって起こります。中国南部やシンガポールでは上咽頭がんが多いのですが、これはEBウイルスに感染する人が多いからです。日本ではこのウイルスに感染する人は少なく、上咽頭がんになる人も多くありません。患者数は頭頸部がん*全体の3.8%です。

頭頸部がんは、全てのがんの約5%程度と考えられています。

*頭頸部がん:脳の下側から鎖骨までの範囲(鼻、口、のど、耳など)にできるがん

上咽頭がんは上咽頭の粘膜に発生し、増殖していきます。初期には自覚症状が出にくいため、多くは進行してから発見されます。鼻出血が起きたり、首のリンパ節が腫れたりして受診し、見つかることがよくあります。

(図)上咽頭がんの位置

(図)上咽頭がんの位置

中咽頭がん

中咽頭がんは増加しているがんで、日本人の頭頸部がん全体の12.1%を占めています。かつてはタバコやアルコールが主な原因とされていましたが、最近はHPV(ヒトパピローマウイルス)の感染によって起こる中咽頭がんが増えています。日本ではこれが約半数を占めるまでになっています。

HPVは子宮頸がんの原因ともなるウイルスです。オーラルセックスなど性行為の多様化が、中咽頭がんを増加させる背景となっています。HPVが中咽頭の粘膜に感染し、そこにがんを発生させるのです。HPV感染による中咽頭がんは、女性にも男性にも発症します。また、比較的若い年代でも発症します。

タバコやアルコールによって起きた中咽頭がんと、HPVの感染によって起きた中咽頭がんを比較すると、HPVによるもののほうが予後がよいことがわかっています。

(図)中咽頭がんの位置

(図)中咽頭がんの位置

下咽頭がん

下咽頭がんは咽頭がんの中では最も多く、頭頸部がん全体の16.3%を占めています。上咽頭がんや中咽頭がんに比べて予後が悪く、治しにくいがんです。主な原因はタバコとアルコールです。ヘビースモーカーでヘビードリンカーの場合、発症のリスクはきわめて大きくなります。

下咽頭がんができると、飲み込みが悪くなるという症状が出ることがあります。本人がそれを感じていても、喉頭がんによる声がれなどと異なり、周囲の人にはわかりません。本人がそれを放置すると、発見が遅れることになります。下咽頭がんはリンパ節転移を起こしやすいので、首のリンパ節が腫れて見つかるケースもよくあります。

下咽頭は食道につながっていますが、下咽頭がんを発症した人の3~4割ほどが、食道がんも併発しています。同じ原因によって起こるがんなので、どちらにもできていることが多いのです。下咽頭がんが見つかった場合には、必ず食道の検査も行います。

(図)下咽頭がんの位置

(図)下咽頭がんの位置

(監修:国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院頭頸部内科長 田原 信先生)

咽頭がん関連ページ

咽頭がんに関する主な公開記事

第16回 咽頭がん(上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がん)

咽頭がん(上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がん)治療の基礎知識について、国立研究開発法人 国立がん研究センター東病院頭頸部内科長 田原 信先生に解説していただきました。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。