前立腺がんとは

  • 前立腺がんになる人が増え、罹患数は男性のがんで1位になった。
  • 罹患数の割に死亡数は少なく、早期発見と適切な治療で治る人も多い。

前立腺がんは、男性の生殖器である前立腺に発生するがんです。前立腺は膀胱の下に位置し、前立腺の中を膀胱から伸びる尿道が貫いています。精液の一部となる前立腺液を分泌する臓器ですが、弛緩・収縮することで排尿や射精をコントロールする役割も果たしています。前立腺の組織は、中心域、移行域、辺縁域(へんえんいき)に分けられます。前立腺がんは、どこからでも発生する可能性がありますが、多くは辺縁域から発生します。(図1,2)

かつては、欧米では発生頻度が高いものの、日本では比較的少ないと言われていました。しかし、近年では、わが国でも前立腺がんが急増しています。国立がん研究センターによる推計では、2015年には胃がんを抜き、9万8400人で、男性のがんの罹患数で第1位になっています。前立腺がんによる死亡数(2013年)は、肺がん、胃がん、大腸がん、肝臓がん、膵臓がんに次いで第6位です(人口動態統計によるがん死亡データ)。

がん種別の5年相対生存率(2003~2005年診断例)は、93.8%です(地域がん登録によるがん生存データ)。罹患数は増えていますが、早期に発見して適切な治療を行うことで、治る人が多いがんだといえます。(図3,4)

前立腺がんは高齢者に多く、診断時の年齢は70歳代が最も多くなっています。日本で前立腺がんが急増しているのは、高齢者人口が増えていることも、重要な原因の1つです。

前立腺がんの細胞は、アンドロゲン(男性ホルモン)の影響を受けやすいという特徴があります。アンドロゲンの刺激で発育・増殖し、アンドロゲンがなくなると死滅する性質があるのです。このような性質を「アンドロゲン依存性」といいます。

(図1)「前立腺がんの位置」

(図2)「前立腺がんの構造」

(図3)がん種別5年生存率

(引用:全国がん罹患モニタリング集計 2003-2005年生存率報告
独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書)

(図4)前立腺がんステージ別生存率

(引用:全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査(2015年8月集計)による)

(監修:JCHO 東京新宿メディカルセンター副院長 泌尿器科部長 赤倉功一郎先生)

前立腺がん関連ページ

前立腺がんやがん全般に関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第12回 前立腺がん

前立腺がん治療の基礎知識について、JCHO東京新宿メディカルセンター 泌尿器科部長 赤倉功一郎先生に解説していただきました。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。

前立腺がん一覧