皮膚がん治療後の経過観察

悪性黒色腫の治療後の経過観察は、ステージⅠとステージⅡなら、3ヵ月に1回で、これを2~3年続けます。それ以降は6ヵ月に1回にします。ステージⅢ以上の場合は毎月で、3~5年は継続します。悪性黒色腫は再発しやすいので、経過観察のため頻繁に医療機関を受診する必要があります。

有棘(ゆうきょく)細胞がんの治療後の経過観察は、がんを手術で取り切れているなら、3ヵ月に1回程度です。それを2~3年続け、それ以降は6ヵ月に1回にします。

基底細胞がんの治療後の経過観察は、手術でしっかり取り切れている場合は、1年間は3ヵ月に1回ですが、それ以降はセルフチェックとします。それだけ再発のリスクが低いのです。

乳房外(にゅうぼうがい)パジェット病の治療で広い範囲を切除した場合には、機能面での問題が生じることがあります。陰茎や陰嚢の手術では排尿障害が、肛門周囲の手術では排便障害が起きたりします。そのために、治療終了後も、2ヵ月に1回くらい通院してもらうことがよくあります。そういった問題がなければ、3ヵ月に1回程度にします。

どのがんの場合でも、3~6ヵ月に1回はCT検査を行います。さらに、1年に1回はPET検査を行うのが理想的です。

(監修:木沢記念病院皮膚科          
皮膚がんセンター部長 神谷秀喜 先生)

皮膚がん関連ページ

皮膚がんに関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第18回 皮膚がん

皮膚がん(悪性黒色腫、有棘細胞がん、基底細胞がん、乳房外パジェット病) 治療の基礎知識について、木沢記念病院皮膚科・皮膚がんセンター部長の神谷秀喜先生に解説していただきました。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。