皮膚がんの治療――乳房外(にゅうぼうがい)パジェット病

  • 手術が基本だが放射線療法も効果が高い

原発巣の手術が治療の基本となっています。ただ、がんの辺縁※からどのくらい離して切除するかについては、必ずしも定説はありません。1㎝でいいという説もあれば、もっと広くとるべきという意見もあります。もともと肉眼的境界がはっきりしていない、という難しさもあります。

※辺縁:その周りにある部分。

手術は原発巣の切除が基本で、再発予防のためにリンパ節の切除を行うことはありません。リンパ節が腫れていて、転移が明らかな場合だけ、リンパ節の切除が行われます。

放射線に対する感受性は悪くないので、根治が望めない場合などに、放射線療法が行われます。また、肛門周囲などに発症し、人工肛門を造設したくない人が、放射線療法を選択するようなケースもあります。比較的初期の病変では、手術をせずに、放射線療法だけで治癒してしまうこともあります。

化学療法は腺がんに準じて行います。まずタキサン系抗がん剤のパクリタキセルやドセタキセルが使われます。それに続き、5-FUとシスプラチンを低用量で投与する低用量FP療法が行われることもあります。

(表) 「乳房外(にゅうぼうがい)パジェット病の治療で用いられる主な薬剤」

がんの種類 治療目的 薬剤名(一般名) 薬の種類
乳房外(にゅうぼうがい)パジェット病 転移がある場合の治療 パクリタキセル 抗がん剤
ドセタキセル
5-FU
シスプラチン

(監修:木沢記念病院皮膚科          
皮膚がんセンター部長 神谷秀喜 先生)

皮膚がん関連ページ

皮膚がんに関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第18回 皮膚がん

皮膚がん(悪性黒色腫、有棘細胞がん、基底細胞がん、乳房外パジェット病) 治療の基礎知識について、木沢記念病院皮膚科・皮膚がんセンター部長の神谷秀喜先生に解説していただきました。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。