甲状腺がんとは

  • 甲状腺にできる腫瘍は良性腫瘍が多く、悪性腫瘍(がん)は2割ほど。
  • 甲状腺がんの大部分はおとなしいがんで、命に関わることは少ない。

甲状腺は喉のそばにある小さな臓器で、甲状腺ホルモンを分泌する働きをしています。

(図1)甲状腺

甲状腺(甲状腺、甲状腺左葉、甲状腺右葉、甲状軟骨(のど仏)、副甲状腺(上皮小体)

甲状腺ホルモンは、全身の新陳代謝や成長などに関わるホルモンです。甲状腺にできる腫瘍の多くは良性腫瘍ですが、2割ほどを悪性腫瘍(がん)が占めています。これが甲状腺がんです。甲状腺がんは甲状腺の細胞から発生します。

(図2)がん種別5年生存率

がん種別5年生存率

引用:全国がん罹患モニタリング集計 2003-2005年生存率報告
独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書

(図3)甲状腺がんステージ別5年生存率

甲状腺がんステージ別5年生存率

引用:全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査(2015年8月集計)による)

甲状腺がんは女性に多いのが特徴です。国立がん研究センターの「最新がん統計」によれば、甲状腺がんの年間の罹患数(その年に甲状腺と診断される人数)は、男性が3490人、女性が1万250人で、計1万3740人となっています(2011年部位別がん罹患数全国推計値)。また、甲状腺がんによる年間の死亡数は、男性が570人、女性が1192人で、計1762人です(2014年部位別がん死亡数)。患者さんの年代は50代以降が多いのですが、子どもや若い人にも発症します。甲状腺がんの大部分はおとなしいがんで、命に関わるようなことはあまりありません。甲状腺がんと診断されても、96~98%の患者さんは治ります。

(図4)乳頭がん・濾胞がん・その他のがん別患者数

乳頭がん・濾胞がん・その他のがん別患者数(年代別)

引用:乳頭がん・濾胞がん・その他のがん別患者数(伊藤病院ホームページhttp://www.ito-hospital.jp/より)

甲状腺がんは、細胞の種類によって、「乳頭がん」「濾胞(ろほう)がん」「低分化がん」「髄様(ずいよう)がん」「未分化がん」に分類されています。大部分を占めているのは、乳頭がんと濾胞がんです。これらのがんは、「分化がん」と呼ばれ、おとなしい性質で進行もゆっくりです。

(表)甲状腺がんの種類

乳頭がん 甲状腺ホルモンを作る濾胞細胞から発生するがんで、甲状腺がんの90%程度を占めている。進行は遅く、おとなしい性質。リンパ節に転移することはあるが、遠くの臓器に転移することは多くない。触診でも、超音波画像でも、特徴的な所見があるため、診断がつきやすい。
濾胞がん 濾胞細胞から発生するがんで、甲状腺がんの5%程度を占めている。進行は遅く、おとなしい性質。リンパ節転移は少ないが、血流に乗って遠くの臓器に転移することがある。触診でも、超音波画像でも、良性腫瘍と所見が似ているため、区別がつきにくい。
低分化がん 乳頭がんや濾胞がんの細胞の間に、低分化の細胞を含んでいる。分化がん(乳頭がん・濾胞がん)と未分化がんの中間的な悪性度を示す。
髄様がん 甲状腺ホルモンを作る細胞ではなく、カルシトニンというホルモンを作る傍濾胞細胞から発生する。甲状腺がんの1~2%という特殊ながん。このがんの3分の1は、遺伝が関係している。
未分化がん 非常に未熟な細胞であるため、進行が速く、転移しやすい悪性度の高いがん。甲状腺がんの1~2%で、多くはない。

(監修:伊藤病院 副院長 杉野公則先生)

甲状腺がん関連ページ

甲状腺がんに関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第14回 甲状腺がん

甲状腺がん治療の基礎知識について、伊藤病院副院長 杉野公則先生に解説していただきました。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。

第18回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫の状態をよくすることで がんの闘病を支える補完代替医療に期待

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。