子宮がんとは

  • 子宮にできるがんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」があり、両者は異なる性質を持っている。
  • 子宮頸がんはウイルスの感染で起こり、20歳代での発症も増えている。
  • 子宮体がんは閉経後の50~60歳代に多い

子宮にできるがんには、子宮頸部に発生する「子宮頸(けい)がん」と、子宮体部に発生する「子宮体(たい)がん」があります。発生する部位が異なるだけでなく、がん細胞の種類も違いますし、検査法や治療法も異なります。

(図)「子宮頸がんと子宮体がんの発生する場所」

子宮頸がんとは

子宮の腟に近い部分を子宮頸部といいます。この子宮頸部から発生するがんが子宮頸がんです。新たに子宮頸がん(Ⅰ~Ⅳ期)と診断される人は、年間10000人を超えています(2011年の推計値は11378人)。また、子宮頸がんで死亡する人は、年間2500人ほどいます(2013年は2656人)。
※国立がん研究センターがん対策情報センター「がんの統計’14」

子宮頸がんの多くは、ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関係して起こります。ごくありふれたウイルスで、性交経験のある女性の約8割が感染すると言われています。このウイルスに感染しても、通常は自然に排除されるのですが、一部ががんの発生につながるのです。

かつては30歳代後半から40歳代が中心でしたが、最近は罹患する年齢が若年化し、20歳代での発症が増えています。

表)「子宮頸がんの病期別5年生存率」
(2006年に治療を開始した人の5年生存率)

出典:日本産科婦人科学会

子宮体がんとは

子宮の奥3分の2ほどの部分を子宮体部といいます。この子宮体部から発生するがんが子宮体がんです。新たに子宮体がんと診断される人は、年間15000人近くいます(2011年の推計値は14763人)。また、子宮体がんで死亡する人は、年間2000人ほどいます(2013年は2107人)。
※国立がん研究センターがん対策情報センター「がんの統計’14」

子宮体がんは、50~60歳代の閉経後の女性に多いという特徴があります。子宮体がんは子宮内膜に発生するため、月経で子宮内膜が毎月剥がれ落ちていると、そこにがん細胞は増殖しにくいため、子宮体がんになることはまずありません。しかし、閉経後は子宮内膜が剥がれ落ちなくなるため、そこにがん細胞が増殖する可能性が高まるのです。したがって、たとえ若くても月経不順などがあれば、子宮体がんのリスクが高くなります。

子宮体がんの病期別の5年生存率は表に示す通りです。Ⅰ期、Ⅱ期の5年生存率は90%を超え、Ⅲ期でも80%に達しています。

表)「子宮体がんの病期別5年生存率」
(2006年に治療を開始した人の5年生存率)

出典:日本産科婦人科学会

(監修:がん研有明病院 婦人科副部長 宇津木久仁子先生)

子宮がん関連ページ

子宮がんやがん全般に関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 第10回 子宮がん

子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)治療の基礎知識について、がん研有明病院婦人科副部長 宇津木久仁子先生に解説していただきました。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。

子宮がん一覧