雑誌のご案内

ライフライン212013年1月発売 8号

ライフライン21 2013年1月発売 8号

特集 膵臓がん―標準治療と先進医療
2013年01月20日発行!定価1,234円

特集 膵臓がん―標準治療と先進医療

【標準治療】

選択肢が増え二次治療も可能になった化学療法

奥坂拓志(国立がん研究センター中央病院肝胆膵内科科長)

切除手術は根治を目指す唯一の治療法

砂村眞琴(大泉中央クリニック院長 東京医科大学八王子医療センター消化器外科・移植外科兼任教授)

抗がん剤との併用で注目され始めた「膵がんに対する放射線治療」

唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

【先進医療】

重粒子線による術前治療と局所進行膵臓がんに対する治療

辻井博彦(放射線医学総合研究所フェロー・医用原子力技術研究振興財団常務理事)
山田 滋 (放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院治療室長)

膵がんに対する陽子線治療・重粒子線治療

寺嶋千貴(兵庫県立粒子線医療センター医長)

【先進的医療】

膵がんの補助療法

石川 治(大阪府立成人病センター病院長)

【先端医療】

治療法の尽きた膵がん患者に生きる希望を与える膵がんペプチドワクチン療法

浅原新吾(千葉徳洲会病院副院長)

進行性膵がんに対する「分子標的樹状細胞・超特異的リンパ球」の威力

星野泰三(東京・京都統合医療ビレッジグループ理事長 プルミエールクリニック院長)

施設訪問

筑波大学附属病院 陽子線医学利用研究センター

日本で唯一の大学病院に併設された陽子線治療施設。患者さんの体と心をよく診て最適な治療法を提供する

巻頭インタビュー

小児がんに最適な陽子線治療を「保険収載」に!!
原発性肝がんの制御率は90% 陽子線治療を「有効治療」と位置づける櫻井英幸(筑波大学附属病院 陽子線医学利用研究センター長)
「究極の放射線治療」で、多くのがん種の治療・前向きな比較試験に挑戦
国内で唯一、2種の粒子線治療が行える医療施設の役割 不破信和(兵庫県立粒子線医療センター院長)

連載

医療ルネッサンス⑧

地に足の着いた継続的な活動が福島を復興へと導く 上昌広(東京大学医科学研究所特任教授)

がん闘病に必要な食事と栄養

バンクーバーから日本のがん医療を見る
栄養摂取に最適!ミキサーで作る生ジュース
半田 えみ(医療法人社団中成会半田醫院)

がんの放射線治療の副作用とその対策⑧

~放射線治療を安心して受けるために・その2~
唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

抗がん剤治療の副作用とその対策⑥

がん治療とサプリメントの関係~抗がん剤との併用は是か非か~
森 甚一(都立駒込病院内科)

日本のがん医療「がん対策」に望む
第6回 文部化学省が総合的ながん研究戦略の策定に着手

2014年度に取り組むべき総合戦略と、その実現に向けた工程表をまとめる方針
森ゆか(著述業)

シリーズ 先端医療

樹状細胞療法⑧

難治がん・転移がん向け 往診は日本全国どこまでもー最先端の免疫細胞をたずさえた「寄りそ医」
松島修司 (東京・京都統合医療ビレッジ腫瘍外来) )

治療効果をプラスする「最新のがん治療」
第6回 膵臓がん

~さまざまながん種に対する免疫細胞療法の効果~
加藤洋一(新横浜かとうクリニック院長)
特報
静岡県立静岡がんセンター 富士フィルム(株)と共同研究開発した肺がんの「類似症例検索システム」を臨床の場に導入

ライフライン212012年10月発売 7号

ライフライン21 2012年10月発売 7号

特集 大腸がん―標準治療と先進医療
2012年09月20日発行!定価1,234円

特集 大腸がん―標準治療と先進医療

【標準治療】

治癒を目指すなら切除手術が必要

杉原健一(東京医科歯科大学大学院腫瘍外科学教授)

【先進医療】

早期大腸がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術

斎藤 豊(国立がん研究センター中央病院内視鏡センター長)

【先進医療】

直腸がんの術後再発に対する重粒子線治療

辻井博彦(放射線医学総合研究所フェロー・医用原子力技術研究振興財団常務理事)
山田 滋 (放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院治療室長)

【先端医療】

今、必要とされている大腸がんに対するペプチド・分子標的樹状細胞治療

星野泰三(東京・京都統合医療ビレッジグループ理事長 プルミエールクリニック院長)

施設訪問

兵庫県立粒子線医療センター

陽子線と炭素イオン線の2種類の粒子線治療が可能な国内で唯一の施設。がんの治癒率を改善し、世界に向けて新しい粒子線治療の発信地にする

巻頭対談

日本の医療 崩壊を招いた構造と再生への提言
患者さんに「希望」を提供する医療を実現するために
中村祐輔氏
シカゴ大学医学部血液・腫瘍内科教授/東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター教授
上 昌広氏 東京大学医科学研究所特任教授

特別企画

エビデンスに基づいた国内未承認薬や適応外薬を駆使した最新治療③

個別化治療が求められる進行・再発大腸がんの化学療法
今村貴樹(千葉ポートメディカルクリニック院長)

連載

医療ルネッサンス⑦

専門家や地元行政がサポートすることで被災者住民は放射線とうまく付き合っていける
上昌広(東京大学医科学研究所特任教授)

がん闘病に必要な食事と栄養

―バンクーバーから日本のがん医療を見る
オーガニック食材の摂取と解毒ダイエット
半田 えみ(医療法人社団中成会半田醫院)

がんの放射線治療の副作用とその対策⑦

~放射線治療を安心して受けるために~
唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

抗がん剤治療の副作用とその対策⑤

~抗がん剤による「脱毛」はなぜ起こるのか~
森 甚一(都立駒込病院内科)

治療効果をプラスする「最新のがん治療」
第5回 大腸がん

~さまざまながん種に対する免疫細胞療法の効果~
加藤洋一(新横浜かとうクリニック院長)

シリーズ 先端医療

樹状細胞療法⑦

難治がん・転移がん向け
臨床効果を高める熱ショック蛋白(HSP)を利用したペプチドワクチン・樹状細胞
星野泰三(東京・京都統合医療ビレッジグループ理事長)

特報

静岡県立静岡がんセンター 平成24年度朝日がん大賞を受賞

「がんよろず相談(相談支援センター)」が評価される

ライフライン212012年7月発売 6号

ライフライン21 2012年7月発売 6号

特集 胃がん―標準治療と先進医療
2012年07月20日発行!定価1,234円

特集 胃がん―標準治療と先進医療

【標準治療】

治癒させるためには切除が必要―切除不能なら化学療法で延命を目指す

片井均(独立行政法人国立がん研究センター中央病院消化管腫瘍科上部消化管外科長)

【先進医療】

早期胃がんに対するセンチネルリンパ節生検法

高橋直人(東京慈恵会医科大学外科講師)

胃がん腹膜転移に有望な新療法 抗がん剤を腹腔内に直接注入する腹腔内化学療法

石神浩徳(東京大学医学部附属病院外来化学療法部)

胃手術後の腹膜再発に対する腹腔内化学療法

三森教雄(東京慈恵会医科大学外科准教授)
高橋直人(東京慈恵会医科大学外科講師)

【先端医療】

胃がんに対する樹状細胞および腫瘍抗原ペプチドを用いたワクチン療法

加藤洋一(新横浜かとうクリニック院長)

施設訪問

施設訪問 医療法人沖縄徳洲会
湘南鎌倉総合病院

「生命だけは平等だ」――年中無休、24時間オープン、救急患者は決して断らない

巻頭インタビュー 21世紀のライフライン

塩野正喜医療法人沖縄徳洲会 湘南鎌倉総合病院院長に訊く
急性期病院と異なる空間で、地域の〝がん拠点病院〟を目指す
いつでも、どこでも、誰にでも、最善の医療を提供する

特別企画

エビデンスに基づいた国内未承認薬や適応外薬を駆使した最新治療②

肺がんワクチン療法のフロントランナー、CIMAvax(シーマバックス)上皮成長因子
今村貴樹(千葉ポートメディカルクリニック院長)

連載

医療ルネッサンス⑥

基幹病院が医師を確保できない現実 わが国の医師不足は深刻だ
上昌広(東京大学医科学研究所特任教授)

がん闘病に必要な食事と栄養

バンクーバーから日本のがん医療を見る
がんと向き合うドクターと、患者の意識と価値観
半田 えみ(医療法人社団中成会半田醫院)

がんの放射線治療の副作用とその対策⑥

~「上腹部・骨・関節・筋肉照射による副作用」への対処法~
唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

抗がん剤治療の副作用とその対策④

~抗がん剤の副作用に関する情報はいかにして収集されるのか~
森 甚一(都立駒込病院内科)

治療効果をプラスする「最新のがん治療」
第4回 大腸がん

~さまざまながん種に対する免疫細胞療法の効果~
加藤洋一(新横浜かとうクリニック院長)

シリーズ 先端医療

樹状細胞療法⑥

進行がん・転移がんの集中治療 「優れた効果」と「少ない副作用」で、難治性・進行がんを叩く樹状細胞
~ノーベル賞で話題の樹状細胞治療の効果を総括する~
星野泰三(東京・京都統合医療ビレッジグループ理事長)

クリニック訪問

免疫細胞治療―治療方針と今後の展望

対談・内藤康弘(内藤メディカルクリニック院長)星野泰三(プルミエールクリニック院長)

ライフライン212012年4月発売 5号

ライフライン21 2012年4月発売 5号

特集 乳がん―標準治療と先進医療
2012年04月20日発行!定価1,234円

特集 乳がん―標準治療と先進医療

【標準治療】

乳がんの標準治療―手術、放射線治療、薬物療法を組み合わせて行う複合療法

土井 卓子(医療法人湘和会 湘南記念病院かまくら乳がんセンター長)

【先進医療】

早期乳がんに対するラジオ波焼灼療法―切らないので痕跡が目立たない低侵襲治療法

木下貴之(国立がん研究センター中央病院乳腺外科長)

抗がん剤の感受性試験「効かない抗がん剤」「効く抗がん剤」を事前に予測

星野恵津夫(がん研有明病院消化器内科部長)

【先端医療】

進行・再発乳がんに対する樹状細胞ワクチン療法

高橋秀徳(医療法人社団医創会 セレンクリニック神戸院長)

進行再発乳がんに対する樹状細胞および腫瘍抗原ペプチドを用いたがんワクチン療法

星野泰三(プルミエールクリニック院長)

乳房再建―できる限り自分らしく、違和感なく自然に生活するために

土井卓子(医療法人湘和会湘南記念病院 かまくら乳がんセンター長)

施設訪問

独立行政法人国立がん研究センター東病院

国内初、世界で2番目の病院設置型の陽子線治療施設
「職員のすべての活動はがん患者のために」

巻頭インタビュー 21世紀のライフライン

秋元哲夫 国立がん研究センター東病院粒子線医学開発部長に訊く
安全性・有効性を兼ね備えた陽子線治療を受けるために

特別企画

エビデンスに基づいた国内未承認薬や適応外薬を駆使した最新治療

進行再発胃がんと進行肝がんの最新治療

連載

医療ルネッサンス⑤

専門家の間でも意見が分かれる原発事故後の放射線被曝の問題
上昌広(東京大学医科学研究所特任教授)

がん闘病に必要な食事と栄養

病気治療の基本は食事と栄養である 乳がん・婦人科系の疾患とがん予防食

半田えみ(医療法人社団 中成会 半田醫院)

 

がんの放射線治療の副作用とその対策⑤

下腹部・骨盤照射による副作用への対処法
唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

抗がん剤治療の副作用とその対策③

不妊のリスクと、妊孕性温存法
森 甚一(都立駒込病院内科)

治療効果をプラスする「最新のがん治療」
第3回 乳がん

~さまざまながん種に対する免疫細胞療法の効果~
加藤洋一(新横浜かとうクリニック院長)

シリーズ 先端医療

樹状細胞療法⑤

進行がん・転移がんの集中治療 短期間で悪循環を断つ分子標的樹状細胞療法
―悪性免疫細胞Tregを撃墜する
星野泰三(東京・京都統合医療ビレッジグループ理事長)

クリニック訪問

ガーデンクリニック中町 吉水信就院長に訊く

「ファスティング(医学的断食療法)」と「温熱療法」により細胞をリセット
老化を防ぎ、免疫力を高める

ライフライン212012年1月発売 4号

ライフライン21 2012年1月発売 4号

特集 肝・胆・膵がんの治療
2012年01月20日発行!定価1,234円

特集 肝・胆・膵がんの治療

ラジオ波焼灼システムを用いた腹腔鏡補助下肝切除術

若林 剛(岩手医科大学医学部外科学講座教授)

先進医療として普及し始めた画像支援ナビゲーションシステム

高本 健史(日本赤十字社医療センター肝胆膵外科)

腹腔鏡下膵体尾部切除術・核出術

中村 慶春(日本医科大学附属病院外科講師)

膵がんに対する樹状細胞ワクチン療法―樹状細胞ワクチンの機序と効果

加藤 洋一(新横浜かとうクリニック院長)

施設訪問

九州初の重粒子線がん治療施設 九州国際重粒子線がん治療センター

新たな事業モデルを構築し、「粒子線」がん治療施設の普及に貢献する

巻頭座談会 21世紀のライフライン

九州国際重粒子線がん治療センター(SAGA HIMAT)に寄せる期待
―標準治療を実施する施設と「病病連携」でがんの完治を目指す
辻井博彦氏(独立行政法人放射線医学総合研究所フェロー)
工藤祥氏(九州国際重粒子線がん治療センター長)
北村信氏(公益財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団専務理事)
塩山善之氏(九州大学大学院医学研究院重粒子線がん治療学講座教授)

特別企画

国内未承認の抗がん剤や分子標的薬などを使用するための道案内

連載

医療ルネッサンス④

混合診療問題は、患者視点で患者の自己決定権を尊重すべきだ
上昌広(東京大学医科学研究所特任教授)

がん闘病に必要な食事と栄養

メンタル的な治療と「栄養」の関係

半田えみ(医療法人社団 中成会 半田醫院)

がんの放射線治療の副作用とその対策④

唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

抗がん剤治療の副作用とその対策

森 甚一(都立駒込病院内科)

治療効果をプラスする「最新のがん治療」
第2回 膵臓がん

~さまざまながん種に対する免疫細胞療法の効果~
加藤洋一(新横浜かとうクリニック院長)

シリーズ 先端医療

樹状細胞療法④

世紀の大発見 祝ノーベル賞
がん治療が一変するこんなにもすごい樹状細胞療法
星野泰三(東京・京都統合医療ビレッジグループ理事長)

オピニオン

CTC(循環がん細胞)はがん医療を変えるか!?

水上 治(健康増進クリニック院長)

クリニック訪問

統合医療ビレッジグループ プルミエールクリニック 星野泰三院長に訊く

プルミエールクリニック10年間の歴史と実績

ライフライン212011年10月発売 3号

ライフライン21 2011年10月発売 3号

特集 前立腺がんの治療
2011年10月20日発行!定価1,234円

特集  前立腺がんの治療

ロボット支援内視鏡下手術

橘政昭(東京医科大学泌尿器科主任教授)

前立腺がんのミニマム創内視鏡下手術

木原和徳(東京医科歯科大学医学部附属病院泌尿器科教授)

テーラーメイド型がんペプチドワクチン療法

野口正典(久留米大学病院泌尿器科・先端癌治療研究センター臨床研究部門教授)

前立腺がんに対する樹状細胞ワクチン療法

高橋秀徳(医療法人社団医創会 セレンクリニック東京院長)

施設訪問

独立行政法人 放射線医学総合研究所 重粒子医科学センター

最先端の放射線医学 固形がんの治療で世界をリードする

巻頭対談 21世紀のライフライン

ヒトゲノム解析・がんワクチン研究の進展具合とその実用化への障壁(後編)
中村祐輔氏(内閣官房医療イノベーション推進室長)
上昌広氏(東京大学医科学研究所特任教授)

連載

医療ルネッサンス

上昌広(東京大学医科学研究所特任教授)

 

がん闘病に必要な食事と栄養

世界レベルで見たがんと食事の関係

半田えみ(医療法人社団 中成会 半田醫院)

 

がんの放射線治療の副作用とその対策

唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

シリーズ 先端医療

樹状細胞療法③

進行がん・転移がんの最終兵器
悪性因子TGF-βを狙う分子樹状細胞療法
星野泰三(東京・京都統合医療ビレッジグループ理事長)

新連載

治療効果をプラスする「最新のがん治療」
第1回 前立腺がん

~さまざまながん種に対する免疫細胞療法の効果~
加藤洋一(新横浜かとうクリニック院長)

クリニック訪問

健康増進クリニック 水上治院長に訊く

「すべて患者のために 患者主導型の医療」を実践

ライフライン212011年7月発売 2号

ライフライン21 2011年7月発売 2号

特集 1 重粒子線治療 2 陽子線治療
2011年07月20日発行!定価1,234円

特集

1 重粒子線治療

がんの治癒率を改善し、世界に向けて新しい粒子線治療の情報発信地にする

兵庫県立粒子線医療センター

2 陽子線治療

①国立がん研究センター東病院の陽子線治療

取材協力・河島光彦(国立がん研究センター東病院放射線治療科放射線治療室室長)

②南関東がん陽子線治療センター

不破信和(財団法人脳神経疾患研究所附属 南東北がん陽子線治療センター長)

施設訪問

財団法人脳神経疾患研究所附属?南東北がん陽子線治療センター

陽子線治療で先進医療の地平線を拓き、未来の「標準治療」を目指す

巻頭対談 21世紀のライフライン

ヒトゲノム解析・がんワクチン研究の進展具合とその実用化への障壁(前編)
中村祐輔氏(内閣官房医療イノベーション推進室長)
上昌広氏(東京大学医科学研究所特任教授)

連載

医療ルネッサンス

上昌広(東京大学医科学研究所特任教授)

 

がん闘病に必要な食事と栄養

「油」の問題は欧米社会では国レベルで取り組んでいる

半田えみ(医療法人社団 中成会 半田醫院)

 

がんの放射線治療の副作用とその対策

唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

シリーズ 先端医療

樹状細胞療法 難治がん・転移がんには急速加熱と熱ショック蛋白(HSP)療法

星野泰三(東京・京都統合医療ビレッジグループ理事長)

クリニック訪問

医療法人社団新樹会 新横浜かとうクリニック

最新の免疫細胞療法を駆使し、治療効果を向上させる

ライフライン212011年3月発売 創刊号

ライフライン21 2011年3月発売 創刊号

特集 1 重粒子線治療 2 陽子線治療
2011年03月01日発行!定価1,234円

特集

1 重粒子線治療

①国の肝いりで開発された重粒子線治療はどんながんに効くのか

取材協力・辻井博彦(独立行政法人放射線医学総合研究所理事)

②普及型装置の第1号機が群馬大学で治療開始

取材協力・和泉孝志(群馬大学重粒子線医学推進機構長)

2 陽子線治療

①前立腺がんや鼻腔・副鼻腔がんに優れた治療効果

取材協力・村山重行(静岡県立静岡がんセンター陽子線治療科部長)

②進行肝がんの予後を大幅に改善する陽子線治療

取材協力・櫻井英幸(筑波大学附属病院放射線腫瘍科教授)

巻頭グラビア 皇太子殿下 行啓

静岡県立静岡がんセンター 陽子線治療施設を御視察

創刊記念特別企画 鼎談

がんの薬物療法~抗がん剤、分子標的薬の標準療法・最新療法

監修・佐々木常雄(都立駒込病院院長)

抗がん剤治療の副作用とその対策

監修・佐々木常雄(都立駒込病院院長)

がんの放射線治療の副作用とその対策

唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

シリーズ 先端医療

免疫治療の効果を革命的に変えた樹状細胞療法

星野泰三(東京・京都統合医療ビレッジグループ理事長)

クリニック訪問

健康増進クリニック 水上治医師に訊く

がん患者の「悩み」に専門医が本音で答える

123