イラストで理解できるがんと免疫

転移・再発予防と免疫療法

がんの転移・再発を予防するためには、標準治療後のケアも大切です。免疫療法はこれまで末期がん患者を対象とした研究が進められてきましたが、最近になって、再発予防に着目した研究も進められています。このページでは、本誌及び主要紙で、免疫療法と転移・再発予防について報告されている記事をまとめています。

「がんの先進医療」掲載記事

「がんの先進医療」に掲載された記事の中で、Web版として公開している記事のみ掲載しています。誌面でも転移・再発予防に関する記事を掲載していますので、最新記事バックナンバーも参照ください。

掲載日 タイトル 概要
2014年10月30日 第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線>> 再発した患者さんで免疫抑制が進んでいる。世界的に注目を集める 免疫力の新しい話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。
2013年1月20日 がんの転移・再発を防ぐ
がん治療を成功に導く免疫の最新研究>>
がんの3大治療の成否の鍵は、患者の免疫状態で、最新の研究では免疫抑制細胞が患者の免疫力を低下させている。この免疫抑制細胞を減らし、癌に対する免疫力を回復させる最新の方法についての最新研究を解説している。

主なメディアでの記事

更新:2014年1月
掲載日/メディア 内容
2013/12/03 毎日新聞 □がんワクチン治験開始の紹介記事
記事では、東京大医科学研究所病院と札幌医大病院が再発した進行性の膵臓(すいぞう)がん患者に対する新しいがんペプチドワクチンの治験を始めたとのこと
2012/09/20 AllAbout □がんの再発・転移に免疫抑制細胞の減少が重要とする研究紹介記事>>
記事では、近年明らかにされつつある免疫のメカニズムに着目した再発・転移予防対策について解説されている。。
2011/07/20 産経新聞 □悪性黒色腫に対する免疫療法の臨床研究開始に関する紹介記事
記事によると、京都大学で悪性黒色腫()患者を対象に、免疫療法の一種で樹状細胞を用いた「がん樹状細胞療法」の臨床研究を開始するとのこと。
関連リンク:京都大学のリリース>>

本記事に関連するキーワード

, , , , , , ,