「小細胞肺がん」が含まれる記事や情報の一覧 | がん(癌)キーワード

雑誌「がんの先進医療21」の記事や、本サイト内の情報に「 小細胞肺がん」のキーワードが含まれているものの一覧を表示しています。
掲載号 記事タイトル 概要 がん種
2017年10月発売 27号 がんの放射線治療の副作用とその対策 第27回~主な適応と照射範囲の設定法 その① 非小細胞肺がん~ 唐澤克之先生(都立駒込病院放射線科部長)による非小細胞肺がんにおける主な適応と照射範囲の設定法についての解説です。 非小細胞肺がん
2017年10月発売 27号 非小細胞肺がんに対する、ゾレドロン酸誘導γδT細胞を用いた免疫療法 副島研造先生(慶應義塾大学病院臨床研究推進センター 教授)が非小細胞肺がんに対する、ゾレドロン酸誘導γδT細胞を用いた免疫療法について解説しています。 肺がん
2017年10月発売 27号 非小細胞肺がんに対する重粒子線治療 塩山善之先生(公益財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団 九州国際重粒子線がん治療センター センター長)が非小細胞肺がんに対する重粒子線治療について解説しています。 肺がん
2017年10月発売 27号 非小細胞肺がんに対する陽子線治療 村上昌雄先生(一般財団法人脳神経疾患研究所附属南東北がん陽子線治療センター センター長)が非小細胞肺がんに対する陽子線治療について解説しています。 肺がん
2015年4月発売 17号 がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第4回 肺がん 肺がん治療の基礎知識について国立がん研究センター東病院 呼吸器外科 科長 坪井正博先生に解説していただきました。 肺がん
がんの先進医療 2015 別冊 急速に進歩する「新時代のがん免疫治療」─ 免疫抑制からの脱却による「がん治療の展望」 ─ 進歩するがん免疫治療の解説。免疫抑制を解除することでがんに対する免疫力が高まって、治療効果がアップすること。多くの研究者や製薬企業が、免疫抑制解除の治療法を開発している状況について解説しています。 柴田昌彦先生(埼玉医科大学国際医療センター消化器病センター消化器腫瘍科 教授)解説。 全がん共通
2013年4月発売 9号 Ⅰ期の非小細胞肺がんに対する重粒子線治療―全身状態から手術できない患者さんを手術に代わって治療する 山本直敬先生(放射線医学総合研究所重粒子医科学センター病院治療室長)による肺がん粒子線治療の解説。 肺がん
2013年4月発売 9号 早期非小細胞肺がんに効力を発揮する陽子線治療―手術非適応例への「最新の放射線治療」 村山重行先生(静岡がんセンター陽子線治療科部長)による肺がん陽子線治療の解説。 肺がん
2013年7月発売 10号 急速に進歩する「新時代のがん免疫治療」 ―免疫抑制からの脱却による「がん治療の展望」 進歩するがん免疫治療の解説。免疫抑制を解除することでがんに対する免疫力が高まって、治療効果がアップすること。多くの研究者や製薬企業が、免疫抑制解除の治療法を開発している状況について解説しています。 柴田昌彦先生(埼玉医科大学国際医療センター消化器病センター消化器腫瘍科 教授)解説。 全がん共通

注目キーワード