「免疫」が含まれる記事や情報の一覧 | がん(癌)キーワード

雑誌「がんの先進医療21」の記事や、本サイト内の情報に「 免疫」のキーワードが含まれているものの一覧を表示しています。
掲載号 記事タイトル 概要 がん種
2016年1月発売 20号 第18回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫の状態をよくすることで がんの闘病を支える補完代替医療に期待 2015年11月28、29日に「第18回日本補完代替医療学会学術集会」が開催され、「健康のいしずえ~未病の視点から~」をテーマに補完代替医療に関わるさまざまな研究発表が行われた。特に免疫やがん領域に関わる内容において注目の高さをうかがわせた。 全がん共通
2015年7月発売 18号 第23回日本乳癌学会学術総会レポート 乳癌の薬物療法の新しい考え方がわかる。乳癌学会の厳選口演内容を取材リポート。 乳がん
2014年1月発売 12号 がん治療における補完代替医療研究の最前線 ─乳がんホルモン療法施行患者におけるシイタケ菌糸体の臨床研究─ 鈴木信孝先生(金沢大学大学院医学系研究科 臨床研究開発補完代替医療講座特任教授)がシイタケ菌糸体のがん患者さんに対する有用性について総説的に解説しています。 乳がん
がんの先進医療 2015 別冊 製薬企業が挑む「がん治療の効果を高める免疫抑制対策」─免疫抑制を解除するシイタケ菌糸体研究─ がんに対する免疫力を高める治療方法「免疫療法」の成否を分けると考えられている「免疫抑制」に挑む製薬企業の研究状況について紹介されています。免疫抑制を解除するシイタケ菌糸体>> に着目した経緯や最新研究についても解説している。 全がん共通
がんの先進医療 2015 別冊 急速に進歩する「新時代のがん免疫治療」─ 免疫抑制からの脱却による「がん治療の展望」 ─ 進歩するがん免疫治療の解説。免疫抑制を解除することでがんに対する免疫力が高まって、治療効果がアップすること。多くの研究者や製薬企業が、免疫抑制解除の治療法を開発している状況について解説しています。 柴田昌彦先生(埼玉医科大学国際医療センター消化器病センター消化器腫瘍科 教授)解説。 全がん共通
2013年7月発売 10号 がん免疫を無力化する免疫抑制細胞の正体─ 免疫抑制対策ががん治療の成否を分ける がんの患者の治療の成否は、患者の免疫力に左右されること。患者の免疫力を高めるには、免疫抑制の制御が左右することと、免疫抑制に対する最新の研究について解説している。 原田 守先生(島根大学医学部免疫学講座教授)解説。 全がん共通
2014年10月発売 15号 がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線 免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材 免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。 第52回日本癌治療学会学術集会レポート。 全がん共通
2013年7月発売 10号 製薬企業が挑む「がん治療の効果を高める免疫抑制対策」 ―免疫抑制を解除するシイタケ菌糸体研究 がんに対する免疫力を高める治療方法「免疫療法」の成否を分けると考えられている「免疫抑制」に挑む製薬企業の研究状況について紹介されています。免疫抑制を解除するシイタケ菌糸体>> に着目した経緯や最新研究についても解説している。 全がん共通
2013年7月発売 10号 急速に進歩する「新時代のがん免疫治療」 ―免疫抑制からの脱却による「がん治療の展望」 進歩するがん免疫治療の解説。免疫抑制を解除することでがんに対する免疫力が高まって、治療効果がアップすること。多くの研究者や製薬企業が、免疫抑制解除の治療法を開発している状況について解説しています。 柴田昌彦先生(埼玉医科大学国際医療センター消化器病センター消化器腫瘍科 教授)解説。 全がん共通
2013年7月発売 10号 がん免疫を無力化する免疫抑制細胞の正体 ─ 免疫抑制対策ががん治療の成否を分ける ─ がんの患者の治療の成否は、患者の免疫力に左右されること。患者の免疫力を高めるには、免疫抑制の制御が左右することと、免疫抑制に対する最新の研究について解説している。 原田 守先生(島根大学医学部免疫学講座教授)解説。 全がん共通
12

注目キーワード