先進医療がわかる記事一覧

「がんの先進医療」に掲載された記事の中で、先進医療に関する記事のタイトルを掲載しています。一部の記事はWebで公開していますので、クリックしてご覧ください。

掲載号 記事タイトル 概要 がん種
2018年1月発売 28号

<Web公開記事>

個別化医療に向けて本格化するゲノム研究  ―免疫療法は科学的であり、がん治療の新たな 可能性を開く先端医療である
中村祐輔先生(シカゴ大学医学部内科・外科教授 個別化医療センター・副センター長)が個別化医療に向けて本格化するゲノム研究について解説しています。 全般
2018年1月発売 28号

<Web公開記事>

究極のオーダーメイド治療「自家がんワクチン」  ―がん治療専門医も驚いた効果のある例が続出
大野忠夫先生(セルメディシン株式会社代表取締役社長 日本歯科大学客員教授)が究極のオーダーメイド治療「自家がんワクチン」について解説しています。 全般
2018年1月発売 28号

<Web公開記事>

免疫でがんを治す―がん免疫治療の最前線  ―患者さん一人一人に適した「免疫細胞治療」
後藤重則先生(医療法人社団 滉志会 瀬田クリニックグループ 統括院長)が免疫でがんを治す―がん免疫治療の最前線(―患者さん一人一人に適した「免疫細胞治療」)について解説しています。 全般
2018年1月発売 28号

<Web公開記事>

樹状細胞ワクチンで難治がんに挑む  ―再生医療等製品としての薬事承認を目指して
矢﨑雄一郎先生(テラ株式会社代表取締役)が樹状細胞ワクチンで難治がんに挑む(―再生医療等製品としての薬事承認を目指して)について解説しています。 全般
2018年1月発売 28号

<Web公開記事>

がん免疫細胞療法に科学的妥当性はあるか
益山純一先生(ニューシティ大崎クリニック)ががん免疫細胞療法に科学的妥当性はあるかについて解説しています。 全般
2018年1月発売 28号

<Web公開記事>

がん幹細胞を克服するコツ〜抵抗性の強いがんを制覇するには、がん幹細胞に特異的なペプチドワクチンを用いる〜
星野泰三 先生(東京・大阪・京都統合医療ビレッジグループ 理事長・プルミエールクリニック院長)が抵抗性の強いがんを制覇するには、がん幹細胞に特異的なペプチドワクチンを用いるについて解説しています。 難治がん、転移がん
2018年1月発売 28号

<Web公開記事>

オバマ米前大統領が年頭教書演説で紹介 した「がん光免疫療法」
永山悦子先生(毎日新聞編集編成局編集委員)ががん光免疫療法について解説しています。 全般
2017年10月発売 27号 非小細胞肺がんに対する、ゾレドロン酸誘導γδT細胞を用いた免疫療法 副島研造先生(慶應義塾大学病院臨床研究推進センター 教授)が非小細胞肺がんに対する、ゾレドロン酸誘導γδT細胞を用いた免疫療法について解説しています。 肺がん
2017年10月発売 27号 NKT細胞を用いた肺がんの免疫療法 本橋新一郎先生(千葉大学大学院医学研究院免疫細胞医学 教授)がNKT細胞を用いた肺がんの免疫療法について解説しています。 肺がん
2017年10月発売 27号 非小細胞肺がんに対する重粒子線治療 塩山善之先生(公益財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団 九州国際重粒子線がん治療センター センター長)が非小細胞肺がんに対する重粒子線治療について解説しています。 肺がん