先進医療がわかる記事一覧

「がんの先進医療」に掲載された記事の中で、先進医療に関する記事のタイトルを掲載しています。一部の記事はWebで公開していますので、クリックしてご覧ください。

掲載号 記事タイトル 概要 がん種
2018年1月発売 28号

<Web公開記事>

がん幹細胞を克服するコツ〜抵抗性の強いがんを制覇するには、がん幹細胞に特異的なペプチドワクチンを用いる〜
星野泰三 先生(東京・大阪・京都統合医療ビレッジグループ 理事長・プルミエールクリニック院長)が抵抗性の強いがんを制覇するには、がん幹細胞に特異的なペプチドワクチンを用いるについて解説しています。 難治がん、転移がん
2017年10月発売 27号 <Web公開記事>
山田邦子のがんとのやさしい付き合い方(第1回 )
がん温熱療法 ハイパーサーミア「サーモトロンRF−8」
ハイパーサーミア(がん温熱療法)装置「サーモトロンRF – 8」、改良型電磁波加温装置「ASKI RF–8」を開発した、元株式会社山本ビニター専務取締役、現株式会社ピー・エイチ・ジェイ取締役最高技術部長・山本 五郎(いつお)氏にお話を伺いました。 全がん共通
2018年10月発売 31号 第5回 そこが知りたい最新医療:プレシジョン・メディシン Precision Medicine/精密医療 第5回目東京ミッドタウンクリニック院長 東京ミッドタウン先端医療研究所所長の田口淳一先生にプレシジョン・メディシン(Precision Medicine/精密医療)についてお話を伺いました。 全般
2018年4月発売 29号 人の尿で「がん」を嗅ぎ分ける「がん探知犬」 山田真吏奈先生(日本医科大学千葉北総病院 救命救急センター 講師)と宮下正夫先生(日本医科大学千葉北総病院 外科・消化器外科 教授)が人の尿で「がん」を嗅ぎ分ける「がん探知犬」について解説しています。 全般
2018年4月発売 29号 尿中マイクロRNAから「がん」を特定 馬場嘉信先生(名古屋大学大学院工学研究科教授)と安井隆雄先生(名古屋大学大学院工学研究科 准教授)が尿中マイクロRNAから「がん」を特定について解説しています。 全般
2018年4月発売 29号 内視鏡画像による胃がん診断のAI開発 ―本システムを世界に発信し、全世界胃がん診断の支援を目指す 平澤俊明先生(がん研有明病院 消化器内科副部長)が内視鏡画像による胃がん診断のAI開発について解説しています。 胃がん
2018年4月発売 29号 血液一滴で13種のがん診断 落谷孝広先生(国立がん研究センター研究所 分子細胞治療研究分野 プロジェクトリーダー)が血液一滴で13種のがん診断について解説してます。 全般
2018年4月発売 29号 がんゲノム 遺伝子検査と診断 池上恒雄先生(東京大学医科学研究所先端医療研究センター 臨床ゲノム腫瘍学分野)ががんゲノム 遺伝子検査と診断について解説しています。 全般
2018年1月発売 28号 個別化医療に向けて本格化するゲノム研究  ―免疫療法は科学的であり、がん治療の新たな 可能性を開く先端医療である 中村祐輔先生(シカゴ大学医学部内科・外科教授 個別化医療センター・副センター長)が個別化医療に向けて本格化するゲノム研究について解説しています。 全般
2018年1月発売 28号 究極のオーダーメイド治療「自家がんワクチン」  ―がん治療専門医も驚いた効果のある例が続出 大野忠夫先生(セルメディシン株式会社代表取締役社長 日本歯科大学客員教授)が究極のオーダーメイド治療「自家がんワクチン」について解説しています。 全般
1 / 1212345...10...最後 »