標準治療がわかる記事一覧

「がんの先進医療」に掲載された記事の中で、標準治療に関する記事のタイトルを掲載しています。一部の記事はWebで公開していますので、クリックしてご覧ください。

記事タイトル(掲載号) 概要 がん種

<Web公開記事>

【特別寄稿 乳房再建で悩んでいる方へ】「乳房インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫」をめぐり、混乱が広がっている 今後の乳房再建はどうなっていくのか? 乳房再建を考えるときのコツ (がんの先進医療:37号)
土井卓子先生(医療法人湘和会 湘南記念病院 かまくら乳がんセンター長)が「乳房インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫」をめぐり、混乱が広がっている今後の乳房再建はどうなっていくのか?乳房再建を考えるときのコツ」について解説しています。 乳がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第19回 血液がん(白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫) (がんの先進医療:26号)
血液がん(白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫)治療の基礎知識について、日本赤十字社医療センター 骨髄・アミロイドーシスセンター長 鈴木憲史 先生に解説していただきました。 血液がん(白血病・悪性リンパ腫・多発性骨髄腫)

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第18回 皮膚がん(悪性黒色腫、有棘細胞がん、基底細胞がん、乳房外パジェット病)>> (がんの先進医療:25号)
皮膚がん(悪性黒色腫、有棘細胞がん、基底細胞がん、乳房外パジェット病)治療の基礎知識について、木沢記念病院皮膚科・皮膚がんセンター部長の神谷秀喜先生に解説していただきました。 皮膚がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第17回 食道がん>> (がんの先進医療:24号)
食堂がん治療の基礎知識について、順天堂大学医学部附属順天堂医院がん治療センターセンター長・特任教授の鶴丸昌彦先生に解説していただきました。 食道がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第16回 咽頭がん>> (がんの先進医療:24号)
咽頭がん治療の基礎知識について、国立研究開発法人国立がん研究センター東病院頭頸部内科長の田原 信先生に解説していただきました。 咽頭がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第15回 頭頸部がん(鼻腔・副鼻腔がん、喉頭がん、口腔がん、唾液腺がん)>> (がんの先進医療:23号)
頭頸部がん(鼻腔・副鼻腔がん、喉頭がん、口腔がん、唾液腺がん)治療の基礎知識について、国立研究開発法人国立がん研究センター東病院頭頸部内科長 田原 信先生に解説していただきました。 頭頸部がん(鼻腔・副鼻腔がん、喉頭がん、口腔がん、唾液腺がん)

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第14回 甲状腺がん>> (がんの先進医療:22号)
甲状腺がん治療の基礎知識について、伊藤病院副院長 杉野公則先生に解説していただきました。 甲状腺がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第13回 精巣がん>> (がんの先進医療:22号)
精巣がん治療の基礎知識について、杏林大学医学部泌尿器科教授 桶川隆嗣先生に解説していただきました。 精巣がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第12回 前立腺がん>> (がんの先進医療:21号)
前立腺がん治療の基礎知識について、JCHO東京新宿メディカルセンター 泌尿器科部長 赤倉功一郎先生に解説していただきました。 前立腺がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第11回 卵巣がん>> (がんの先進医療:20号)
卵巣がん治療の基礎知識について、がん研有明病院婦人科副部長 宇津木久仁子先生に解説していただきました。 卵巣がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第10回 子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)>> (がんの先進医療:20号)
子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)治療の基礎知識について、がん研有明病院婦人科副部長 宇津木久仁子先生に解説していただきました。 子宮がん(子宮頸がん・子宮体がん)

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第9回 膀胱がん>> (がんの先進医療:19号)
膀胱がん治療の基礎知識について、東京医科歯科大学大学院腎泌尿器外科学分野准教授 藤井靖久先生に解説していただきました。 膀胱がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第8回 腎臓がん>> (がんの先進医療:19号)
腎臓がん治療の基礎知識について国立がん研究センター中央病院 泌尿器・後腹膜腫瘍科外来医長 込山元清先生に解説していただきました。 腎臓がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第7回 膵臓がん (がんの先進医療:18号)
膵臓がん治療の基礎知識について 国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科 科長 奥坂拓志先生に解説していただきました。 膵臓がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第6回 胆道がん>> (がんの先進医療:18号)
胆道がん治療の基礎知識について国立がん研究センター副院長・肝胆膵外科科長 島田和明先生に解説していただきました。 胆道がん

<Web公開記事>

最終回 乳がん術後のケア 診断後の心のケア (がんの先進医療:17号)
土井卓子先生(湘南記念病院かまくら乳がんセンター センター長)が乳がん術後のケア(診断後の心のケア)について解説しています。 乳がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第5回 肝臓がん>> (がんの先進医療:17号)
肝臓がん治療の基礎知識について日本大学医学部長・大学院医学研究科長・消化器外科教授 高山忠利先生に解説していただきました。 肝臓がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第4回 肺がん (がんの先進医療:17号)
肺がん治療の基礎知識について国立がん研究センター東病院 呼吸器外科 科長 坪井正博先生に解説していただきました。 肺がん

<Web公開記事>

第4回 乳がん術後のケア 化学療法による皮膚障害のためのケア (がんの先進医療:16号)
土井卓子先生(湘南記念病院かまくら乳がんセンター センター長)が乳がん術後のケア(化学療法による皮膚障害のためのケア)について解説しています。 乳がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第3回 大腸がん>> (がんの先進医療:16号)
大腸がん治療の基礎知識についてがん・感染症センター都立駒込病院外科部長 高橋慶一先生に解説していただきました。 大腸がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第2回 胃がん>> (がんの先進医療:16号)
胃がん治療の基礎知識について、虎の門病院消化器外科 宇田川晴司先生と春田周宇介先生に解説していただきました。 胃がん

<Web公開記事>

第3回 乳がん術後のケア 放射線治療による皮膚障害のためのケア (がんの先進医療:15号)
土井卓子先生(湘南記念病院かまくら乳がんセンター センター長)が乳がん術後のケア(放射線治療による皮膚障害のためのケア)について解説しています。 乳がん

<Web公開記事>

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第1回 乳がん>> (がんの先進医療:15号)
湘南記念病院かまくら乳がんセンター長 土井卓子先生が、乳がん治療の基礎知識に解説していただきました。 乳がん

<Web公開記事>

第2回 乳がん術後のケア 乳房切除術後の皮膚・肌のケア 傷の手入れをすることで自分の心の傷も癒える (がんの先進医療:14号)
土井卓子先生(湘南記念病院かまくら乳がんセンター センター長)が乳がん術後のケア(乳房切除術後の皮膚・肌のケア 傷の手入れをすることで自分の心の傷も癒える)について解説しています。 乳がん

<Web公開記事>

第1回 乳がん術後のケア 複合療法で治療効果を上げ、多面的なケアで快適な日常生活を送る (がんの先進医療:13号)
土井卓子先生(湘南記念病院かまくら乳がんセンター センター長)が乳がん術後のケア(複合療法で治療効果を上げ、多面的なケアで快適な日常生活を送る)について解説しています。 乳がん
膵臓がんの検査と診断  北野雅之(和歌山県立医科大学第2内科 教授)
(がんの先進医療:51号)
北野雅之先生(和歌山県立医科大学第2内科 教授)が膵臓がんの検査と診断について解説しています。 膵臓がん
膵がんの外科療法 ―手術療法は「根治」を目指すことができる唯一の治療方法  杉浦禎一(静岡県立静岡がんセンター 肝胆膵外科部長)
(がんの先進医療:51号)
杉浦禎一先生(静岡県立静岡がんセンター 肝胆膵外科部長)が膵がんの外科療法(―手術療法は「根治」を目指すことができる唯一の治療方法)ついて解説しています。 膵臓がん
膵がんの薬物療法  水野伸匡(愛知県がんセンター 消化器内科部 医長)  原 和生(愛知県がんセンター 消化器内科部 部長)
(がんの先進医療:51号)
水野伸匡先生(愛知県がんセンター 消化器内科部 医長)と原 和生先生(愛知県がんセンター 消化器内科部 部長)が膵がんの薬物療法について解説しています。 膵臓がん
膵臓がんに対する集学的治療 ―膵がんの根治には化学療法・放射線治療を組み合わせた  集学的治療が今後も必要不可欠  庄 雅之 (奈良県立医科大学消化器・総合外科学教室 教授  奈良県立医科大学附属病院副院長)
(がんの先進医療:51号)
庄 雅之先生(奈良県立医科大学消化器・総合外科学教室 教授  奈良県立医科大学附属病院副院長)が膵臓がんに対する集学的治療(―膵がんの根治には化学療法・放射線治療を組み合わせた集学的治療が今後も必要不可欠)について解説しています。 膵臓がん
膵がんに対する重粒子線治療 ―切除不能な膵がんに対する重粒子線治療は保険適応に  磯崎哲朗 (国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 QST病院  治療診療部治療科 医長)  篠藤 誠 (国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 QST病院  重粒子線治療研究部グループリーダー)
(がんの先進医療:51号)
磯崎哲朗先生(国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 QST病院 治療診療部治療科 医長)と篠藤 誠先生(国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 QST病院 重粒子線治療研究部グループリーダー)が膵がんに対する重粒子線治療(―切除不能な膵がんに対する重粒子線治療は保険適応に)について解説しています。 膵臓がん
切除不能局所進行膵がんに対する陽子線治療、重粒子線治療 ―マルチイオン照射による粒子線治療など工学的な進歩も日本が世界を牽引  寺嶋千貴(兵庫県立粒子線医療センター 医療部放射線科長兼放射線科部長)
(がんの先進医療:51号)
寺嶋千貴(兵庫県立粒子線医療センター 医療部放射線科長兼放射線科部長)が切除不能局所進行膵がんに対する陽子線治療、重粒子線治療(―マルチイオン照射による粒子線治療など工学的な進歩も日本が世界を牽引に)ついて解説しています。 膵臓がん
大腸がん:総論および検査と診断
(がんの先進医療:50号)
杉原健一先生(東京医科歯科大学 名誉教授 社会医療法人社団 光仁会 第一病院 院長)が大腸がんの総論および検査と診断について解説しています。 大腸がん
大腸がんの外科療法
(がんの先進医療:50号)
坂本貴志先生(がん研有明病院 消化器  センター 大腸外科医員)と福長洋介先生(がん研有明病院 消化器  センター 大腸外科部長)が大腸がんの外科療法について解説しています。 大腸がん
大腸がんの血行性転移(肝転移、肺転移、脳転移)の治療
(がんの先進医療:50号)
塩見明生先生(静岡県立静岡がんセンター 大腸外科部長)が大腸がんの血行性転移(肝転移、肺転移、脳転移)の治療について解説しています。 大腸がん
難治性の直腸がんに対する集学的治療 ―直腸がんの治療は、患者さん個人個人に合った治療法(個別化治療)を検討していく時代に
(がんの先進医療:50号)
塩見明生先生(静岡県立静岡がんセンター 大腸外科部長)が難治性の直腸がんに対する集学的治療(直腸がんの治療は、患者さん個人個人に合った治療法(個別化治療)を検討していく時代に)ついて解説しています。 直腸がん
大腸がんの薬物療法 ―抗がん薬治療、分子標的治療薬による治療
(がんの先進医療:50号)
杉原健一先生(東京医科歯科大学 名誉教授 社会医療法人社団 光仁会 第一病院 院長)が大腸がんの薬物療法(抗がん薬治療、分子標的治療薬による治療)について解説しています。 大腸がん
直腸がんの放射線治療 ―放射線治療技術の進歩や薬物療法の発展などにより、集学的な治療を行うことで治療成績が向上
(がんの先進医療:50号)
室伏景子先生(がん・感染症センター 東京都立駒込病院放射線治療科 医長)が直腸がんの放射線治療(放射線治療技術の進歩や薬物療法の発展などにより、集学的な治療を行うことで治療成績が向上)について解説しています。 直腸がん
術後に局所再発した大腸がん・直腸がんの重粒子線・陽子線治療
(がんの先進医療:50号)
松尾圭朗先生(兵庫県立粒子線医療センター 放射線科 医長)が術後に局所再発した大腸がん・直腸がんの重粒子線・陽子線治療ついて解説しています。 大腸がん・直腸がん
【特別寄稿】ホリスティック医学私論 生と死の統合社会の実現こそホリスティック医学の究極である  帯津良一(帯津三敬病院名誉院長 帯津三敬塾クリニック顧問)
(がんの先進医療:49号)
帯津良一先生(帯津三敬病院名誉院長 帯津三敬塾クリニック顧問)が生と死の統合社会の実現こそホリスティック医学の究極である、について解説しています。 全がん共通
抗がん剤治療一択でいいのか ―「がん共存療法」のエビデンスを求めて  山崎章郎(医療法人社団悠翔会 ケアタウン小平クリニック名誉院長「がん共存療法研究所 準備室」代表)
(がんの先進医療:49号)
山崎章郎先生(医療法人社団悠翔会 ケアタウン小平クリニック名誉院長「がん共存療法研究所準備室」代表)が抗がん剤治療一択でいいのか(「がん共存療法」のエビデンスを求めて) について解説しています。 全がん共通
QOLとは「生活・生命・人生の質」である  水上 治(健康増進クリニック院長)
(がんの先進医療:49号)
水上 治先生(健康増進クリニック院長)がQOLとは「生活・生命・人生の質」であるについて解説しています。 全がん共通
外科医ががんになって13年、死と向き合って私が学んだこと ~がん予防滞在型リトリート「リボーン洞戸」という挑戦~  船戸崇史(船戸クリニック院長)
(がんの先進医療:49号)
船戸 崇史先生(船戸クリニック院長)が外科医ががんになって13年、死と向き合って私が学んだこと(がん予防滞在型リトリート「リボーン洞戸」という挑戦)について解説しています。 全がん共通
精巣腫瘍の診断と治療 ―精巣腫瘍は悪性で転移があっても完治の可能性が高く、早く適切な治療をすることが大切
(がんの先進医療:45号)
岸田健先生(神奈川県立がんセンター 泌尿器科部長・副院長)が精巣腫瘍の診断と治療(精巣腫瘍は悪性で転移があっても完治の可能性が高く、早く適切な治療をすることが大切)について解説しています。 精巣がん
前立腺がんの診断と治療 ―治療戦略に大きな変化。今後、第3相試験や大規模な実臨床データの報告に期待
(がんの先進医療:45号)
森啓一郎先生(東京慈恵会医科大学附属病院泌尿器科 助教)、木村高弘先生(東京慈恵会医科大学附属病院泌尿器科 教授)が前立腺がんの診断と治療(治療戦略に大きな変化。今後、第3相試験や大規模な実臨床データの報告に期待)について解説しています。 前立腺がん
膀胱がんの診断と治療 ―新規薬物治療が保険承認となるなど膀胱がんの診断・治療は大きく変化
(がんの先進医療:45号)
田中一先生(東京医科歯科大学大学院 腎泌尿器外科学 講師)、藤井靖久先生(東京医科歯科大学大学院 腎泌尿器外科学 教授)が膀胱がんの診断と治療(新規薬物治療が保険承認となるなど膀胱がんの診断・治療は大きく変化)について解説しています。 膀胱がん
腎臓がんの診断と治療 ―進行がんであっても完治、長期生存が期待できる時代に
(がんの先進医療:45号)
山本真也先生(公益財団法人がん研究会 有明病院 泌尿器科手術担当部長)が腎臓がんの診断と治療(進行がんであっても完治、長期生存が期待できる時代に)について解説しています。 腎臓がん
肺がんの検査と診断
(がんの先進医療:44号)
宮澤知行先生(聖マリアンナ医科大学病院呼吸器外科 講師)、森川 慶先生(聖マリアンナ医科大学病院呼吸器内科 講師)、佐治 久先生(聖マリアンナ医科大学病院呼吸器外科 教授)が肺がんの検査と診断について解説しています。 肺がん
〔肺がんの外科療法〕 自分に合った治療の方法を見つけるために
(がんの先進医療:44号)
大出泰久先生(静岡県立静岡がんセンター呼吸器外科 部長)、勝又信哉先生(静岡県立静岡がんセンター呼吸器外科 副医長)が肺がんの外科療法で自分に合った治療の方法を見つけるためについて解説しています。 肺がん
〔肺がんの化学療法〕 非小細胞肺がんと小細胞肺がんの薬物療法
(がんの先進医療:44号)
村上晴泰先生(静岡県立静岡がんセンター化学療法センター部長呼吸器内科医長)が非小細胞肺がんと小細胞肺がんの薬物療法について解説しています。 肺がん
〔肺がんの標準治療〕 転移性肺腫瘍の治療
(がんの先進医療:44号)
堀尾裕俊先生(がん・感染症センター都立駒込病院 呼吸器外科部長)が転移性肺腫瘍の治療について解説しています。 肺がん