ベータグルカンの最新情報

ベータグルカンとは

ベータグルカンはキノコなどに含まれる多糖体と呼ばれる成分です。日本ではシイタケ子実体から精製した1,3ベータグルカンの「レンチナン」が抗癌剤として使用されたことから、がんに対する免疫力を高める成分として知られるようになりました。
健康食品としてはキノコベータグルカンのほか、パン酵母ベータグルカンなども利用されるようになって来ています。
最近の研究では、がんに有用な多糖体はベータグルカンに限られず、アルファグルカン、アラビノキシランや多糖体タンパク結合成分などに特徴的な免疫活性化作用があることが知られています。

主な成分に含まれる多糖体成分比較

アガリクス>> シイタケ
菌糸体>>
フコイダン>> プロポリス>> メシマコブ>> 霊芝>>
報告されている
主な多糖体成分
アルファベータグルカン複合体 ベータグルカン、アルファグルカン、アラビノキシラン フコース硫酸多糖 ベータグルカン ベータグルカン

(作成:編集部)

【特集】「新連載」山田邦子の がんとのやさしい付き合い方・人気の記事

山田邦子のがんとのやさしい付き合い方:耐える治療から、やさしい治療やケアへ(インタビュアー:乳がんを経験された山田邦子さん)

乳がんを経験された山田邦子さんが、がん患者さんが安心して治療に臨める情報を発信

[半田えみ]がんと闘う栄養 オーソモレキュラー療法に基づいたがん治療

<Web公開記事>
オーソモレキュラー医学(分子整合栄養医学)に基づいた栄養療法について、EMI CLINICの半田えみ院長(内科医)にお話を伺いました。

[小林製薬] 「シイタケ菌糸体」 患者の低下しやすい免疫力が上がったまま維持!

<Web公開記事>
がん患者さんのQOL(生活の質)をいかに維持していくか、小林製薬株式会社中央研究所でがんの免疫研究を続けている松井保公さんにお話を伺いました。