ハナビラタケの最新情報

ハナビラタケとは

ハナビラタケは、ハナビラタケ科ハナビラタケ属に属するキノコです。白から淡い黄色で、花びらが波型にうねるような見た目が特徴です。
ハナビラタケは、一般的に「ベータグルカン」が有用成分として紹介されています。
癌患者の方におけるハナビラタケの有用性や副作用を示す論文や報告はなく、あまり研究されていないのが現状です。

目次

1.「がんの先進医療」掲載記事

掲載日 タイトル 概要
2019/4/30 新シリーズ 宮西ナオ子のがんに挑むサプリメント
徹底リサーチ 第4回 ハナビラタケ
宮西ナオ子先生(生き方研究家・ライター・エッセイスト・女性能楽研究家・博士)によるハナビラタケに関する生育環境・成分の説明、ハナビラタケを使った料理などの体験談、動物試験の研究論文の解説などが紹介されている。

2-1.ハナビラタケの主な論文報告(ヒト臨床試験)

該当する論文はございません。

2-2.ハナビラタケの主な論文報告(動物試験)

掲載日/掲載誌内容概要
2010年
Biol Pharm Bull.誌
マウスにおける抗酸化、抗炎症、抗腫瘍活性に対する効果の報告徳島文理大学の研究グループが、ラットの新種フタリドであるハナビラタケリドの抗癌関連活性を調べたところ、抗酸化、抗炎症、抗腫瘍活性効果を示したという報告
2009年
Biol Pharm Bull.誌
マウスにおける肺での主要増殖および転移抑制に対する効果の報告ユニチカ研究開発センターが、マウスにハナビラタケ由来のβ-D-グルカンを経口投与したところ、腫瘍誘発性血管新生を阻害することによって、肺での腫瘍増殖および転移の抑制効果を示したという報告

3.「がん種別」の論文報告(ハナビラタケの件数/他の素材を含めての件数)

4.「治療状況別」の論文報告(ハナビラタケの件数/他の素材を含めての件数)

5.ハナビラタケの主なメディアでの記事

掲載日/メディア 内容 概要
2007/10/04 産経新聞 動物実験の結果に関する記事 ユニチカが、キノコの特異種「ハナビラタケ」が、がんの転移を抑制したり、大腸がんの発生を予防したりする作用を動物実験で確認したと発表、大腸がんの予防作用は横浜市のがん学会でも報告したとのこと

6.ハナビラタケの関連リンク

(作成:編集部)

ハナビラタケ以外の免疫力改善成分について

【特集】「新連載」山田邦子の がんとのやさしい付き合い方・人気の記事

山田邦子のがんとのやさしい付き合い方:耐える治療から、やさしい治療やケアへ(インタビュアー:乳がんを経験された山田邦子さん)

乳がんを経験された山田邦子さんが、がん患者さんが安心して治療に臨める情報を発信

[半田えみ]がんと闘う栄養 オーソモレキュラー療法に基づいたがん治療

<Web公開記事>
オーソモレキュラー医学(分子整合栄養医学)に基づいた栄養療法について、EMI CLINICの半田えみ院長(内科医)にお話を伺いました。

[小林製薬] 「シイタケ菌糸体」 患者の低下しやすい免疫力が上がったまま維持!

<Web公開記事>
がん患者さんのQOL(生活の質)をいかに維持していくか、小林製薬株式会社中央研究所でがんの免疫研究を続けている松井保公さんにお話を伺いました。