乳がんの論文一覧

本ページでは、免疫力改善成分ごとに「乳がん」を対象としたヒト臨床試験の論文についてご紹介いたします。

主な「免疫力改善成分」の論文報告

シイタケ菌糸体 【 7件 】

掲載日/掲載誌内容概要
2017年
日本補完代替医療学会誌
様々な治療背景を持つがん患者のQOL改善報告金沢大学の研究グループが、様々な治療背景を持つ癌患者が、各治療と並行してシイタケ菌糸体を摂取したところ、QOL(心理的スコア、疲労スコア)の改善を示したという報告
2017年
Mol Clin Oncol.誌
乳癌患者への補助化学療法との併用によるQOLおよび免疫機能の改善報告【ランダム化比較試験】 日本の研究グループが、乳癌患者が、アントラサイクリンベースの術後補助化学療法とシイタケ菌糸体を併用摂取したところ、患者のQOLおよび免疫機能の維持の有用性を示したという報告
2013年
Onco Targets Ther誌
乳がん術後補助化学療法実施患者における、免疫向上・QOLに対する有用性報告山口大学医学部において、乳がん術後補助化学療法実施患者がシイタケ菌糸体エキスを4週間摂取した結果、NK活性などの免疫力と体力も回復したと報告しています。
2013年
Asian Pac J Cancer Prev 誌
乳がん術後ホルモン療法施行患者における、免疫向上・QOLに対する有用性報告金沢大学医学部関連病院において、乳がん術後ホルモン療法実施中の患者がシイタケ菌糸体エキスを8週間摂取した結果、免疫指標が改善し、QOLも回復したと報告されています。
2012年
Gan To Kagaku Ryoho誌
がん免疫療法実施患者における、免疫向上・免疫抑制軽減・QOLに対する有用性報告東京女子医科大学関連医院において、がん免疫療法を実施中の患者がシイタケ菌糸体エキスを4週間摂取した結果、癌による免疫抑制の進行が抑えられ、QOLも回復したと報告されています。
2011年
AJCM誌
癌化学療法実施患者における、免疫向上・免疫抑制軽減・QOLに対する有用性報告広島大学医学部のグループが乳癌・胃・大腸がんで術後補助化学療法、食道・大腸再発癌の化学療法を行っている患者がシイタケ菌糸体を摂取すると、NK活性などの免疫力が上昇し、QOLも改善した報告しています。
2005年
癌と化学療法誌
乳癌化学療法実施患者における、免疫向上・QOLに対する有用性報告山口大学医学部のグループが、リンパ節転移乳癌の手術後に化学療法を実施している患者がシイタケ菌糸体を摂取すると、白血球減少が抑えられ、NK活性などの免疫力と体力も回復したと報告しています。

霊芝 【 2件 】

掲載日/掲載誌内容概要
2014年
Asian Pac J Cancer Prev.l.誌
救済治療として霊芝を用いた癌患者(5例)の症例報告タイの研究グループが、婦人科癌(主に卵巣がん)患者が、救済治療で霊芝を摂取したところ、摂取期間中は容態が安定していたという報告
2012年
Evid Based Complement Alternat Medl誌
乳がんホルモン療法患者に対する有用性報告中国のグループが、乳がんホルモン療法実施中患者が摂取したところ、疲労やQOL(生活の質)が改善する作用が観察されたと報告しています。

フコイダン 【 1件 】

掲載日/掲載誌内容概要
2018年
Integr Cancer Ther.誌
乳がん患者におけるレトロゾール、タモキシフェンとフコイダンの相互作用報告オーストラリアの研究グループが、乳がん患者が、ホルモン療法薬(レトロゾールあるいはタモキシフェン)とフコイダンを併用摂取したところ、レトロゾールあるいはタモキシフェンの定常状態血漿濃度に有意な変化は認められなかった。また、フコイダンの副作用も認められなかったとの報告。

プロポリス 【 1件 】

掲載日/掲載誌内容概要
2017年
Eur J Cancer Care (Engl) 誌
化学療法中の乳がん患者の口内炎に対する予防効果報告【ランダム化比較試験】 イタリアの研究グループが、補助化学療法中の乳がん患者がプロポリスの乾燥エキスと重炭酸ナトリウムによる口内洗浄を行ったところ、化学療法による口内炎の予防に安全で、忍容性が高く、有用な効果を示したという報告

アガリクス 【 0件 】

該当する論文はございません。

メシマコブ 【 0件 】

該当する論文はございません。

カバノアナタケ 【 0件 】

該当する論文はございません。

ハナビラタケ 【 0件 】

該当する論文はございません。

(作成:編集部)

免疫力改善成分について

あなたにおススメの記事はこちら

がんと免疫力のはなし

<Web公開記事>
がんと闘うには誰もが持つ「免疫力」がキーワードになります。
素朴な疑問から、体の中の免疫の働き方、免疫力を高める方法について分かりやすく説明していきましょう。

がん温熱療法 ハイパーサーミア「サーモトロンRF−8」

<Web公開記事>
ハイパーサーミア(がん温熱療法)装置「サーモトロンRF – 8」、改良型電磁波加温装置「ASKI RF–8」を開発した、元株式会社山本ビニター専務取締役、現株式会社ピー・エイチ・ジェイ取締役最高技術部長・山本 五郎(いつお)氏にお話を伺いました。

第52回日本癌治療学会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

<Web公開記事>
免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発からシイタケ菌糸体の話題も。

【特集】「新連載」山田邦子の がんとのやさしい付き合い方・人気の記事

山田邦子のがんとのやさしい付き合い方:耐える治療から、やさしい治療やケアへ(インタビュアー:乳がんを経験された山田邦子さん)

乳がんを経験された山田邦子さんが、がん患者さんが安心して治療に臨める情報を発信

【小林製薬】「シイタケ菌糸体」患者の低下しやすい免疫力に作用!

<Web公開記事>
がん患者さんのQOL(生活の質)をいかに維持していくか、小林製薬株式会社中央研究所でがんの免疫研究を続けている松井保公さんにお話を伺いました。

【南雲吉則】がん予防のための がんを寄せつけない「命の食事」 

<Web公開記事>
テレビでおなじみの南雲吉則先生が提唱する「がんから救う命の食事」を中心に、がん患者さんとそのご家族にも役立つ、がん予防のための「食の在り方」について、話を伺った。