胆道がんとは

  • 胆道がんは、肝臓と十二指腸の間をつなぐ胆汁の通り道に発生するがんで、できる部位によって現れる症状が違い、治療法も異なる。
  • 胆道がんの多くは、黄疸(おうだん)などの症状が現れることで発見される。

胆道とは胆汁の通り道のことです。この胆道に発生するがんを総称して「胆道がん」と呼んでいます。胆汁は肝臓でつくられる消化液で、最終的に十二指腸に排出され、食べたものを消化するのに使われます。肝臓と十二指腸の間をつないでいるのが胆道で、各部位にそれぞれ名称がついています。がんが胆道のどこにできるかによって、現れる症状も、必要となる治療法も異なってきます。

図:「肝外胆管の区分・名称」

肝臓でつくられた胆汁は、肝臓の中に張りめぐらされている「肝内胆管」を通って集められ、肝臓外の「肝門部胆管」で1本に合流します。胆汁は「上部胆管」を通り、「胆のう管」と合流して、「中下部胆管」へと流れていきます。下部胆管は、十二指腸乳頭部で、膵臓内を通る膵管と合流します。そして、胆汁は膵液とともに十二指腸に排出されます。中下部胆管を「遠位胆管」と呼ぶこともあります。

胆道がんは、胆のうを含めた胆汁の通り道に発生するがんです。肝臓内に張りめぐらされた肝内胆管に発生するがんは、胆管に発生するがんですが、肝臓がんに含める場合と、胆道がんに含める場合があります。ここでは、肝門部から十二指腸の乳頭部までにできる胆道がんを中心に解説します。

胆道がんの多くは、黄疸(おうだん)などの症状が現れることで発見されます。がんによって、胆汁の通り道が塞がれると、胆汁が胆管内に停滞することになります。すると、胆汁に含まれているビリルビンという黄色の色素が血液内に入り、皮膚や白目の部分が黄色く変色する黄疸(おうだん)という症状を引き起こすのです。

黄疸(おうだん)の現れ方は、がんのできている部位によって違ってきます。胆道の下流のほうにできた場合には症状が現れやすいのですが、肝門部の合流点より上や、胆のうにできた場合には、症状が現れにくいという特徴があります。

胆道がんは、多くのがんの中でも、比較的治りにくい部類に入ります。がん研究振興財団がまとめた『がんの統計’14』によれば、胆道がん(胆のう・胆管がん)の5年相対生存率(胆道がんと診断された人で5年後に生存している人の割合を、日本全体で5年後に生存している人の割合で割って求めた値)は、21.1%となっています。

図:がん種別5年生存率

(引用:全国がん罹患モニタリング集計 2003-2005年生存率報告
独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書)

(監修:国立がん研究センター副院長・肝胆膵外科科長 島田和明先生)

胆道がん関連ページ

胆道がんやがん全般に関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第6回 胆道がん

島田和明先生(国立がん研究センター副院長・肝胆膵外科科長)が胆道がん治療の基礎知識について解説しています。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。

胆道がん一覧