食道がんとは

  • がんが粘膜下層に達すると転移の確率が高くなる。
  • 日本人の食道がんの90%以上は扁平上皮がん。
  • 扁平上皮がんは、アルコール、喫煙、熱い食事などが危険因子。
  • 女性より男性に多いのが特徴。

食道は咽頭と胃の間をつなぐ管状の臓器で、長さは約25㎝あります。その大部分は胸部にありますが、一部は頸部や腹部にも位置しています。食道がんは、食道の粘膜から発生するがんです。

食道がんは、がんのできている部位によって、頸部食道がん、胸部食道がん、腹部食道がんに分類されます。さらに、胸部食道がんは、胸部上部食道がん(胸骨上端~気管分岐部間)、胸部中部食道がん(気管分岐部~食道胃接合部<食道と胃のつなぎ目>の上半分)、胸部下部食道がん(気管分岐部~食道胃接合部<食道と胃のつなぎ目>の下半分の胸の部分)に分けられます。食道がんの発生が最も多いのは胸部中部で、胸部下部、胸部上部、頸部、腹部と続きます。

(図) 「食道がんの位置」

「食道がんの位置」

食道の壁は、内側から、粘膜、粘膜下層、固有筋層、外膜という4層から成っています。さらに、粘膜は、粘膜上皮(重層扁平上皮)、粘膜固有層、粘膜筋板に分けられます。食道がんは、粘膜を覆っている粘膜上皮から発生し、食道壁の外側に増殖していきます。粘膜固有層や粘膜下層にはリンパ管や血管が豊富にあるため、がんがここまで達すると、がん細胞がリンパ液や血液に運ばれて行き、リンパ節転移や他の臓器(肺、肝臓、骨など)への転移が起こります。また、増殖したがんが食道壁を貫き、周囲の気管や気管支、肺、大動脈などに入り込むことがあります。これが浸潤です。

(図) 「食道壁の断面」

「食道壁の断面」

食道がんには、扁平上皮がん、腺がんといった種類があります。日本人の食道がんの90%以上は扁平上皮がんですが、欧米人の食道がんは腺がんが60~70%を占めています。扁平上皮がんは、アルコール、喫煙、熱い食事などが危険因子となります。腺がんの大部分は、胃液が食道に逆流することが発生に影響しています。

国立がん研究センターの「最新がん統計」によれば、食道がんの年間の罹患数(その年に食道がんと診断された人数)は、男性が18583人、女性が3382人で、計21965人となっています(2012年部位別がん罹患数全国推計値)。男性に多いのが特徴です。また、食道がんによる年間の死亡数は、男性が9629人、女性が1947人で、計11576人です(2014年部位別がん死亡数)。食道がんの5年相対生存率(食道がんと診断された人のうち、5年後に生存している人の割合が、日本全体で5年後に生存している人の割合に比べ、どの程度かを表す)は、男性で36.0%、女性で43.9%でした(2006~2008年診断例)。

(図)がん種別5年生存率

がん種別5年生存率:食道がん

(引用:全国がん罹患モニタリング集計 2003-2005年生存率報告
独立行政法人国立がん研究センターがん研究開発費「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成22年度報告書)

(図)食道がんステージ別生存率

食道がんステージ別生存率

(引用:全国がん(成人病)センター協議会の生存率共同調査(2015年8月集計)による)

(監修:順天堂大学医学部附属順天堂医院          
がん治療センターセンター長・特任教授 鶴丸 昌彦先生)

食道がん関連ページ

食道がんやがん全般に関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第17回 食道がん

鶴丸昌彦先生(順天堂大学医学部附属順天堂医院がん治療センターセンター長・特任教授)が食道がん治療の基礎知識について解説しています。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。

食道がん一覧