卵巣がんとは

  • 卵巣がんができても、初期には自覚症状はほとんど現れない。そのため、早い段階で発見するのが難しい。
  • 腹膜播種(ふくまくはしゅ)※が起きると、おなかが張る、腹部が太くなるなどの症状が現れることがある。

    ※腹膜播種=お腹の中の腹膜に、種をまいたようにがんが散らばっている状態

卵巣は子宮の両側に位置し、卵子をつくったり、ホルモンを分泌したりする働きをしています。この卵巣から発生するがんが卵巣がんです。新たに卵巣がんと診断される人は、年間9000人以上います(2011年は9314人)。また、卵巣がんで死亡する人は、年間4500人を超えています(2013年の推計値は4717人)※。

※国立がん研究センターがん対策情報センターのデータ。

初期に症状が出にくいのが、卵巣がんの特徴です。そのため、初期には発見しにくく、進行して腫瘍が大きくなったり、腹水がたまるようになったりしてから、発見されることがよくあります。

卵巣がんの進行の仕方は、他の臓器のがんとは異なっています。他の臓器のがんは、局所的に増殖して周辺の臓器に少しずつ浸潤していきます。ところが卵巣がんは、腫瘍表面が破たんすると、腹腔内にがん細胞がばらまかれ、腹膜に数多くの転移が起きた腹膜播種という状態になります。腹膜播種が起きると、腹水がたまって、おなかが張る、腹部が太くなる、といった症状が現れてきます。腹膜播種が起きている状態はⅢ期と診断されます(詳しくは「進行度」を参照)。そのため、Ⅲ期で発見される例が多く、それが死亡数の多さの原因の1つであると考えられています。

卵巣がんの病期別の5年生存率は表に示す通りです。婦人科のがんの再発は、2~3年目に起こることが多いので、5年生存率は、そのがんの治りやすさや、進行期ごとの治りやすさを知る1つの手がかりとなります。卵巣がんは、Ⅰ期、Ⅱ期で治療すれば高い5年生存率が期待できますが、Ⅲ期以降になると50%を切ってしまいます。前述したように、Ⅲ期で発見されることが多いことを考えると、比較的治りにくいがんであるといえます。

(表)「卵巣がんの病期別5年生存率」

(2006年に治療を開始した人の5年生存率)
出典:日本産科婦人科学会

(監修:がん研有明病院 婦人科副部長 宇津木久仁子先生)

卵巣がん関連ページ

卵巣がんやがん全般に関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第11回 卵巣がん

卵巣がん治療の基礎知識について、がん研有明病院婦人科副部長 宇津木久仁子先生に解説していただきました。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。

卵巣がん一覧