(監修:がん研有明病院 婦人科副部長 宇津木久仁子先生)

1.卵巣がんとは

1-1.卵巣がんとは

  • 卵巣がんができても、初期には自覚症状はほとんど現れない。そのため、早い段階で発見するのが難しい。
  • 腹膜播種(ふくまくはしゅ)※が起きると、おなかが張る、腹部が太くなるなどの症状が現れることがある。

    ※腹膜播種=お腹の中の腹膜に、種をまいたようにがんが散らばっている状態

卵巣は子宮の両側に位置し、卵子をつくったり、ホルモンを分泌したりする働きをしています。この卵巣から発生するがんが卵巣がんです。新たに卵巣がんと診断される人は、年間9000人以上います(2011年は9314人)。また、卵巣がんで死亡する人は、年間4500人を超えています(2013年の推計値は4717人)※。

※国立がん研究センターがん対策情報センターのデータ。

初期に症状が出にくいのが、卵巣がんの特徴です。そのため、初期には発見しにくく、進行して腫瘍が大きくなったり、腹水がたまるようになったりしてから、発見されることがよくあります。

卵巣がんの進行の仕方は、他の臓器のがんとは異なっています。他の臓器のがんは、局所的に増殖して周辺の臓器に少しずつ浸潤していきます。ところが卵巣がんは、腫瘍表面が破たんすると、腹腔内にがん細胞がばらまかれ、腹膜に数多くの転移が起きた腹膜播種という状態になります。腹膜播種が起きると、腹水がたまって、おなかが張る、腹部が太くなる、といった症状が現れてきます。腹膜播種が起きている状態はⅢ期と診断されます(詳しくは「進行度」を参照)。そのため、Ⅲ期で発見される例が多く、それが死亡数の多さの原因の1つであると考えられています。

卵巣がんの病期別の5年生存率は表に示す通りです。婦人科のがんの再発は、2~3年目に起こることが多いので、5年生存率は、そのがんの治りやすさや、進行期ごとの治りやすさを知る1つの手がかりとなります。卵巣がんは、Ⅰ期、Ⅱ期で治療すれば高い5年生存率が期待できますが、Ⅲ期以降になると50%を切ってしまいます。前述したように、Ⅲ期で発見されることが多いことを考えると、比較的治りにくいがんであるといえます。

(表)「卵巣がんの病期別5年生存率」

(2006年に治療を開始した人の5年生存率)
出典:日本産科婦人科学会

1-2.卵巣がんの検査

  • 細胞や組織を採れないため、画像検査が検査の中心となっている。
  • 確定診断のために、手術中に迅速病理診断が行われている。

卵巣にできる腫瘍には、悪性の腫瘍である卵巣がん以外に、良性の卵巣腫瘍や、境界悪性※の卵巣腫瘍もあります。治療を進めていくためには、それらとの鑑別も重要です。しかし、卵巣は腹腔内にある臓器なので、子宮頸がんや子宮体がんのように、簡単に細胞や組織を採取することができません。そこで、表に示したような画像検査が行われます。それによって、腫瘍の大きさや位置、広がりを調べるだけでなく、悪性、境界悪性、良性の鑑別も行います。

※境界悪性腫瘍=良性、悪性の中間的な性質をもつ腫瘍

ただし、卵巣がんと確定診断を下すためには、組織を採って顕微鏡で調べる病理検査が必要です。そこで、画像検査でおおまかな診断をつけて手術を行い、手術中に病理検査を行います。手術で切除した腫瘍の組織を急いで調べ、手術中にがんの確定診断を行うのです。これを迅速病理診断といいます。その結果、がんと診断できれば、病期に合わせた手術が行われます。良性であれば、腫瘍を取って手術を終わりにします。

卵巣がんには多くの組織型が存在し、大きく「表層上皮性・間質性腫瘍」「性索間質性(せいさくかんしつせい)腫瘍」「胚細胞腫瘍」の3つに分類されています。卵巣がんの大部分は表層上皮性・間質性腫瘍なので、治療についてはこのタイプについて解説します。

(表)「卵巣がんの主な検査」

検査名 検査のやり方 検査でわかること
経膣超音波検査 腟の中に超音波の発信器であるプローベを入れ、そこから超音波を発信して、周囲の状態を画像化する。腹部から超音波を発信する腹部超音波検査より、近くから超音波を当てるため、卵巣や子宮の状態をより正確に調べることができる。 腫瘍の大きさや位置に加え、悪性腫瘍か良性腫瘍かを推定することができる。そのため、最初のスクリーニング検査としても行われる。外来ですぐに行えるのも、この検査の大きな特徴である。
MRI検査 磁気を利用して体内を断層画像として描き出す。造影剤が使われる。 悪性腫瘍と良性腫瘍の鑑別の他、腹膜播種の有無を調べたり、がんの組織型を推定したりするのにも役立つ。
CT検査 エックス線を利用して体内を断層画像として描き出す。造影剤を利用する。 リンパ節転移の有無や、他臓器への転移の有無を調べるのに役立つ。
PET-CT検査 放射性同位元素を付けた糖を使い、がんなど糖を多く利用する部位を探し出す。 体全体へのがんの広がりを一度に調べることができる。
腫瘍マーカー がん細胞が作り出すたんぱく質などを、血液検査で調べる。
CA125やCA19-9が使われる。
卵巣がんの有無を推定することができる。ただし、腫瘍マーカーが出にくいがんもある。

1-3.卵巣がんの進行度

  • がんが卵巣に限局しているか、骨盤内に広がっているか、骨盤外の腹腔内に広がっているか、腹腔を越えて広がっているかでⅠ~Ⅳ期に分類される。

卵巣がんの病期(ステージ)は、図に示すように分類されています。Ⅰ期は、がんが卵巣内に限局しているものです。Ⅱ期は、がんが骨盤内に広がった状態。Ⅲ期は、がんが骨盤外の腹腔内に広がっているか、リンパ節転移がある場合です。Ⅳ期は、がんが腹腔を越えて転移している場合です。

(表)「卵巣がんの進行期」

IA期 腫瘍が1個の卵巣に限局している
IB期 腫瘍が両側の卵巣に限局している
IC期 上記の状態で腫瘍の皮膜破綻や腹水細胞でがん細胞陽性
IIA期 子宮や卵管に進展
IIB期 他の骨盤内臓器に進展
IIIA期 後腹膜リンパ節のみの転移や骨盤外の顕微鏡的腫瘍
IIIB期 骨盤外への腫瘍(2cm以下)
IIIC期 骨盤外への腫瘍(2cmを越す大きさ)
IVA期 胸水中に悪性細胞を認める
IVB期 遠隔転移

日本産科婦人科学会編『卵巣がん取扱い規約第3版』(金原出版)より作成

(図)「卵巣がんの病期」

1-4.卵巣がんの再発

  • 腹膜播種(ふくまくはしゅ)※、リンパ節転移、遠隔転移などの形で再発が起こる。
  • 治療後2~3年で起こることが多い。

※腹膜播種=お腹の中の腹膜に、種をまいたようにがんが散らばっている状態

卵巣がんは、手術で取り除くことができた場合でも、しばしば再発します。腹膜播種として再発が起こることがありますし、リンパ節転移や、遠隔転移(肝転移、肺転移、脳転移、骨転移など)という形で再発してくることもあります。治療後5年以上経過して再発が起こることもありますが、再発の多くは治療後2~3年で起こります。

卵巣がん関連ページ

卵巣がんやがん全般に関する主な公開記事

がん治療(標準治療)の基礎知識 治療の流れを理解し、より適切な治療を受けるために 第11回 卵巣がん

卵巣がん治療の基礎知識について、がん研有明病院婦人科副部長 宇津木久仁子先生に解説していただきました。

第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線

免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める

免疫の状態をよくすることでがんの闘病を支える。補完代替医療の特別講演を取材レポート。

卵巣がん一覧

【特集】「新連載」山田邦子の がんとのやさしい付き合い方・人気の記事

山田邦子のがんとのやさしい付き合い方:耐える治療から、やさしい治療やケアへ(インタビュアー:乳がんを経験された山田邦子さん)

乳がんを経験された山田邦子さんが、がん患者さんが安心して治療に臨める情報を発信

[半田えみ]がんと闘う栄養 オーソモレキュラー療法に基づいたがん治療

<Web公開記事>
オーソモレキュラー医学(分子整合栄養医学)に基づいた栄養療法について、EMI CLINICの半田えみ院長(内科医)にお話を伺いました。

[小林製薬] 「シイタケ菌糸体」 患者の低下しやすい免疫力が上がったまま維持!

<Web公開記事>
がん患者さんのQOL(生活の質)をいかに維持していくか、小林製薬株式会社中央研究所でがんの免疫研究を続けている松井保公さんにお話を伺いました。