山田邦子のがんとのやさしい付き合い方の記事一覧

「がんの先進医療」に掲載された記事の中で、山田邦子さんのがんとのやさしい付き合い方に関する記事のタイトルを掲載しています。一部の記事はWebで公開していますので、クリックしてご覧ください。

掲載号 記事タイトル 概要 がん種
2018年7月発売 30号 第4回 ウィッグは自分の分身。気分がいいと治療に前向きになる 第4回目は株式会社スヴェンソンの根岸ゆきえさんに医療用ウィッグについてお話を伺いました。 全般
2018年4月発売 29号

<Web公開記事>

第3回 小林製薬 そこが知りたい「シイタケ菌糸体」
第3回目はがんとのやさしい付き合い方を求めて、がん患者さんのQOL(生活の質)をいかに維持していくかについて、小林製薬株式会社中央研究所でがんの免疫研究を続けている松井保公さんにお話を伺いました。 全般
2018年1月発売 28号

<Web公開記事>

第2回 外見を整えることによって自分自身を取り戻すメーキャップ
資生堂本社(東京都中央区銀座)のライフクオリティビューティセンターでは、がん患者さんへのメーキャップ指導、カウンセリング、セミナーなどを実施しています。第2回はこの試みについて資生堂サステナビリティ戦略部、ライフクオリティビューティセンターMakeup Carist の苅部裕己さんにお話を聞きました。 全般
2017年10月発売 27号

<Web公開記事>

第1回 がん温熱療法 ハイパーサーミア「サーモトロンRF−8」
第1回目はハイパーサーミア(がん温熱療法)装置「サーモトロンRF – 8」、改良型電磁波加温装置「ASKI RF–8」を開発した、元株式会社山本ビニター専務取締役、現株式会社ピー・エイチ・ジェイ取締役最高技術部長・山本 五郎(いつお)氏にお話を伺いました。 全般