霊芝の有用性や副作用を検証【最新情報】

霊芝とは

霊芝は、マンネンタケ科に属するキノコで、別名としてマンネンダケと呼ばれることもあります。古くから中国や日本で生薬として用いられてきました。主に中国や台湾で研究されており、大腸癌患者の免疫の値が改善した報告などがあります。しかし、「癌患者の方に効果はなかった」という報告もあります。

目次

1.「がんの先進医療」掲載記事

タイトル 概要
<Web公開記事>宮西ナオ子のがんに挑むサプリメント 徹底リサーチ 第6回 霊芝>>(がんの先進医療:38号) 宮西ナオ子先生(生き方研究家・ライター・エッセイスト・女性能楽研究家・博士)による霊芝に関する生育環境・成分の説明、実物を用いた煮出し方や料理などの体験談、ヒト臨床試験の研究論文の解説などが紹介されている。
<Web公開記事>特報:第20回日本補完代替医療学会学術集会レポート がん領域でエビデンスレベルの高い天然素材の研究に注目が集まる>>(がんの先進医療:30号) 第20回日本補完代替医療学会学術集会が、帝京国際大学の池袋キャンパスで開催された。今回の学術集会で印象的だったのは、科学的エビデンスのしっかりした研究報告が増えてきたことだった。

関連リンク:
シイタケ菌糸体研究会>>
小林製薬の癌免疫研究>>
ウィキペディア(シイタケ菌糸体抽出物)>>
ウィキペディア(霊芝)>>
ウィキペディア(フコイダン)>>

<Web公開記事>第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める>>(がんの先進医療:24号) 「CAMの科学的エビデンス-基礎から臨床への橋渡し-」をテーマに補完代替医療に関わるさまざまな研究発表が行われた。補完代替医療に関わるさまざまな研究発表があった中で、特にシイタケ菌糸体や発酵成分に関わる講演や報告が多くあった。

関連リンク:
シイタケ菌糸体研究会>>
小林製薬の癌免疫研究>>
ウィキペディア(シイタケ菌糸体抽出物)>>
ウィキペディア(霊芝)>>

2.霊芝の主な論文報告

掲載日/掲載誌内容概要対象とする
がん種
/治療法
2019年
Front Pharmacol 誌
がん患者に対する生存率・QOLに対する有用性報告【ランダム化比較試験】 香港、中国のグループが、様々な23件の臨床試験結果をもとに、がん患者が霊芝を含む混合物の摂取者と非摂取者とを統計的に分析したところ、摂取者では全生存期間と生活の質が改善する可能性が示されたという報告。ただし、無再発生存率(がんが再発せずに生存する割合)は、霊芝を含む混合物摂取による効果は確認されなかった
2014年
Integr Cancer Ther.l誌
消化器癌患者の血清腫瘍マーカーの上昇(副作用)の報告中国の研究グループが、消化器癌の患者が、霊芝胞子を摂取したところ、治療効果の観察に最も有用な血清腫瘍マーカーの一つであるCA72-4のレベルが上昇し、また摂取を中止するとCA72-4が急速に正常レベルに戻ったという報告
  • 大腸がん
  • 胃がん
  • 食道がん
  • 口腔がん
  • 喉頭がん
  • 2014年
    Asian Pac J Cancer Prev.l.誌
    救済治療として霊芝を用いた癌患者(5例)の症例報告タイの研究グループが、婦人科癌(主に卵巣がん)患者が、救済治療で霊芝を摂取したところ、摂取期間中は容態が安定していたという報告
  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 卵巣がん
  • 2012年
    Evid Based Complement Alternat Medl誌
    乳がんホルモン療法患者に対する有用性報告中国のグループが、乳がんホルモン療法実施中患者が摂取したところ、疲労やQOL(生活の質)が改善する作用が観察されたと報告しています。
  • 乳がん
  • ホルモン療法
  • 2010年
    Int J Urol誌
    前立腺癌患者での効果がなかったとする報告京都大学などのグループが、放射線治療後もPSA(腫瘍マーカー)の上昇が見られる前立腺癌患者に鹿角霊芝を摂取させたところ、PSA値の改善(抗癌効果)は観察されなかったと報告しています。
  • 前立腺がん
  • 2009年
    Phytother Res誌
    化学療法/放射線療法患者に対する有用性報告台湾のグループが、化学療法/放射線療法を行っているガン患者に霊芝を含む混合成分を服用させると、対照群に比べてリンパ球数の低下が抑えられたと報告しています。
  • 抗がん剤【治療中】
  • 放射線治療
  • 2006年
    Int Immunopharmacol誌
    進行大腸癌患者に対する有用性報告中国のグループが、進行大腸癌患者に霊芝から分離した多糖成分を服用させると、NK細胞活性などが上昇したと報告しています。
  • 大腸がん
  • 2005年
    J Med Food誌
    進行肺癌患者での効果がなかったとする報告ニュージーランドのグループが、進行肺癌患者に霊芝から分離した多糖成分を服用させたところ、免疫指標には明確な差はなかったと報告しています。
  • 肺がん
  • 抗がん剤【治療中】
  • 放射線治療
  • 3.「がん種別」の論文報告(霊芝の件数/他の素材を含めての件数)

    4.「治療状況別」の論文報告(霊芝の件数/他の素材を含めての件数)

    5.霊芝の主なメディアでの記事

    掲載日/メディア 内容 概要
    2004/10/19 産経新聞 健康食品摂取による肝障害の報告紹介記事 東京逓信病院の調べで、病院の患者で、健康食品摂取で肝機能が悪化した可能性のある患者が複数いて、多くはウコン摂取者で他に霊芝摂取者も含まれていたとのこと

    6.霊芝の関連リンク

    (作成:編集部)

    霊芝以外の免疫力改善成分について

    あなたにおススメの記事はこちら

    がんと免疫力のはなし

    <Web公開記事>
    がんと闘うには誰もが持つ「免疫力」がキーワードになります。
    素朴な疑問から、体の中の免疫の働き方、免疫力を高める方法について分かりやすく説明していきましょう。

    がん温熱療法 ハイパーサーミア「サーモトロンRF−8」

    <Web公開記事>
    ハイパーサーミア(がん温熱療法)装置「サーモトロンRF – 8」、改良型電磁波加温装置「ASKI RF–8」を開発した、元株式会社山本ビニター専務取締役、現株式会社ピー・エイチ・ジェイ取締役最高技術部長・山本 五郎(いつお)氏にお話を伺いました。

    がん種別・治療状況別の研究成果比較

    <Web公開記事>
    免疫力改善成分ごとに、ヒト臨床試験の論文について、紹介しています。

    【特集】「新連載」山田邦子の がんとのやさしい付き合い方・人気の記事

    山田邦子のがんとのやさしい付き合い方:耐える治療から、やさしい治療やケアへ(インタビュアー:乳がんを経験された山田邦子さん)

    乳がんを経験された山田邦子さんが、がん患者さんが安心して治療に臨める情報を発信

    【小林製薬】「シイタケ菌糸体」患者の低下しやすい免疫力に作用!

    <Web公開記事>
    がん患者さんのQOL(生活の質)をいかに維持していくか、小林製薬株式会社中央研究所でがんの免疫研究を続けている松井保公さんにお話を伺いました。

    【南雲吉則】がん予防のための がんを寄せつけない「命の食事」 

    <Web公開記事>
    テレビでおなじみの南雲吉則先生が提唱する「がんから救う命の食事」を中心に、がん患者さんとそのご家族にも役立つ、がん予防のための「食の在り方」について、話を伺った。