• イラストで理解できるがんと免疫
  • がん種別・治療状況別の研究成果比較

転移・再発予防と免疫療法

がんの転移・再発を予防するためには、標準治療後のケアも大切です。免疫療法はこれまで末期がん患者を対象とした研究が進められてきましたが、最近になって、再発予防に着目した研究も進められています。このページでは、本誌及び主要紙で、免疫療法と転移・再発予防について報告されている記事をまとめています。

「がんの先進医療」掲載記事

「がんの先進医療」に掲載された記事の中で、Web版として公開している記事のみ掲載しています。誌面でも転移・再発予防に関する記事を掲載していますので、最新記事バックナンバーも参照ください。

記事タイトル(掲載号) 概要
<Web公開記事>第52回日本癌治療学会学術集会レポート がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線>>(がんの先進医療:15号) 再発した患者さんで免疫抑制が進んでいる。世界的に注目を集める 免疫力の新しい話題を取材。最新医薬品開発から患者にやさしい方法まで。
<Web公開記事>がん免疫を無力化する免疫抑制細胞の正体 ─ 免疫抑制対策ががん治療の成否を分ける ─>>(がんの先進医療:10号) がんの患者の治療の成否は、患者の免疫力に左右されること。患者の免疫力を高めるには、免疫抑制の制御が左右することと、免疫抑制に対する最新の研究について解説している。 原田 守先生(島根大学医学部免疫学講座教授)解説。
<Web公開記事>がんの転移・再発を防ぐ
がん治療を成功に導く免疫の最新研究>>
(がんの先進医療:8号)
がんの3大治療の成否の鍵は、患者の免疫状態で、最新の研究では免疫抑制細胞が患者の免疫力を低下させている。この免疫抑制細胞を減らし、癌に対する免疫力を回復させる最新の方法についての最新研究を解説している。

主なメディアでの記事

更新:2014年1月
掲載日/メディア 内容
2013/12/03 毎日新聞 □がんワクチン治験開始の紹介記事
記事では、東京大医科学研究所病院と札幌医大病院が再発した進行性の膵臓(すいぞう)がん患者に対する新しいがんペプチドワクチンの治験を始めたとのこと
2012/09/20 AllAbout □がんの再発・転移に免疫抑制細胞の減少が重要とする研究紹介記事>>
記事では、近年明らかにされつつある免疫のメカニズムに着目した再発・転移予防対策について解説されている。。
2011/07/20 産経新聞 □悪性黒色腫に対する免疫療法の臨床研究開始に関する紹介記事
記事によると、京都大学で悪性黒色腫(メラノーマ)患者を対象に、免疫療法の一種で樹状細胞を用いた「がん樹状細胞療法」の臨床研究を開始するとのこと。
関連リンク:京都大学のリリース>>

あなたにおススメの記事はこちら

がんと免疫力のはなし

<Web公開記事>
がんと闘うには誰もが持つ「免疫力」がキーワードになります。
素朴な疑問から、体の中の免疫の働き方、免疫力を高める方法について分かりやすく説明していきましょう。

がん温熱療法 ハイパーサーミア「サーモトロンRF−8」

<Web公開記事>
ハイパーサーミア(がん温熱療法)装置「サーモトロンRF – 8」、改良型電磁波加温装置「ASKI RF–8」を開発した、元株式会社山本ビニター専務取締役、現株式会社ピー・エイチ・ジェイ取締役最高技術部長・山本 五郎(いつお)氏にお話を伺いました。

がん種別・治療状況別の研究成果比較

<Web公開記事>
免疫力改善成分ごとに、ヒト臨床試験の論文について、紹介しています。

【特集】「新連載」山田邦子の がんとのやさしい付き合い方・人気の記事

山田邦子のがんとのやさしい付き合い方:耐える治療から、やさしい治療やケアへ(インタビュアー:乳がんを経験された山田邦子さん)

乳がんを経験された山田邦子さんが、がん患者さんが安心して治療に臨める情報を発信

【小林製薬】「シイタケ菌糸体」患者の低下しやすい免疫力に作用!

<Web公開記事>
がん患者さんのQOL(生活の質)をいかに維持していくか、小林製薬株式会社中央研究所でがんの免疫研究を続けている松井保公さんにお話を伺いました。

【南雲吉則】がん予防のための がんを寄せつけない「命の食事」 

<Web公開記事>
テレビでおなじみの南雲吉則先生が提唱する「がんから救う命の食事」を中心に、がん患者さんとそのご家族にも役立つ、がん予防のための「食の在り方」について、話を伺った。