免疫力の基礎知識がわかる記事一覧

「がんの先進医療」に掲載された記事の中で、免疫に関する記事のタイトルを掲載しています。一部の記事はWebで公開していますので、クリックしてご覧ください。

掲載号 記事タイトル 概要
2019年1月発売 32号 <Web公開記事>
第21回 日本補完代替医療学会レポート
エビデンスレベルの高い研究が報告されるようになってきた
第21回の「日本補完代替医療学会」(2018年)において、エビデンス(科学的根拠)のしっかりした研究報告が注目された。
シイタケ菌糸体で医薬品レベルの臨床試験。有機ゲルマニウムの有用性報告。紅豆杉の症例報告など。がん領域の補完代替医療にも、確かなエビデンスが求められる時代になっていることが言及されている。

関連リンク:
第21回 日本補完代替医療学会>>
シイタケ菌糸体研究会>>
小林製薬の癌免疫研究>>
有機ゲルマニウムに関する情報(医薬基盤・健康・栄養研究所)>>
2018年10月発売 31号 <Web公開記事>
第77回日本癌学会学術総会レポート
がん治療における”内なる”免疫力の重要性
第77回「日本癌学会学術総会」(2018年)の島根大学医学部の原田守教授の公演を紹介。
現在、免疫チェックポイント阻害抗体療法が注目を集めている。その治療は非常に先端的だが、同時に高額。一方で、免疫療法には、体内の免疫環境を改善することを目的とした治療も存在する。汎用性があり、価格が低く、有害作用のリスクも低いといった特徴がある。

関連リンク:
第77回日本癌学会学術総会>>
シイタケ菌糸体研究会>>
小林製薬の癌免疫研究>>
2018年10月発売 31号 <Web公開記事>
山田邦子のがんとのやさしい付き合い方(第5回 )
プレシジョン・メディシン Precision Medicine/精密医療
東京ミッドタウンクリニック院長 田口淳一先生に、遺伝子検査で個人レベルで最適な治療を施す「プレシジョン・メディシン」、そして、免疫療法・放射線治療・栄養サポートなど総合的ながん治療提案の重要性について話を伺った。

関連リンク:
東京ミッドタウン先端医療研究所>>
2018年7月発売 30号

<Web公開記事>

特報:第20回日本補完代替医療学会学術集会レポート がん領域でエビデンスレベルの高い天然素材の研究に注目が集まる
第20回「日本補完代替医療学会学術集会」において、エビデンス(科学的根拠)レベルの高い天然素材の研究報告が注目された。
シイタケ菌糸体のランダム化比較試験。フコイダンのオープン試験。紅豆杉の症例報告など。がん領域における補完代替医療においても、しっかりしたエビデンスを積み上げていく必要があることが言及されている。

関連リンク:
第20回 日本補完代替医療学会>>
シイタケ菌糸体研究会>>
小林製薬の癌免疫研究>>
2018年4月発売 29号 <Web公開記事>
山田邦子のがんとのやさしい付き合い方(第3回 )
小林製薬 そこが知りたい「シイタケ菌糸体」 患者の低下しやすい免疫力が上がったまま維持できたことに注目!>>
小林製薬株式会社中央研究所の松井公保さんに、抗がん剤治療中やホルモン療法中の免疫力/QOL(体力など)の研究成果、がんの免疫抑制を解除する研究成果、再発予防に関する研究成果など、シイタケ菌糸体におけるがんの免疫研究について話を伺った。

関連リンク:
小林製薬の癌免疫研究>>
2018年1月発売 28号 <Web公開記事>
第55回日本癌治療学会学術集会レポート 大腸がん治療の副作用に対する新しいアプローチ
第55回「日本癌治療学会学術集会」において、大腸がん治療における副作用ケアに関する研究が注目された。
個別化医療が進んだことにより、それぞれの人に最も適切な副作用対策を行うため、医薬品のみならず、有用な食品成分を活用したり、皮膚の保湿などを行ったりする幅広い副作用ケアの研究が進められていることが言及されている。

関連リンク:
第55回日本癌治療学会学術集会>>
シイタケ菌糸体研究会>>
小林製薬の癌免疫研究>>
パロノセトロン[wikipedia]>>
2017年1月発売 24号

<Web公開記事>

第19回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の発表が注目を集める
第19回「日本補完代替医療学会学術集会」において、免疫やがん領域に関わるキノコの菌糸体や発酵成分の研究報告が注目された。
シイタケ菌糸体、エクオールなど、健常者やがんの患者さんを対象とした臨床研究の結果が、複数の研究者から報告された。

関連リンク:
第19回日本補完代替医療学会学術集会>>
エクオールの研究・大塚製薬>>
シイタケ菌糸体研究会>>
小林製薬の癌免疫研究>>
2016年1月発売 20号

<Web公開記事>

第18回日本補完代替医療学会学術集会レポート 免疫の状態をよくすることで がんの闘病を支える補完代替医療に期待
第18回「日本補完代替医療学会学術集会」において、免疫やがん領域に関わる研究報告が注目された。
紹介された素材は、グリソディン、シイタケ菌糸体、ガゴメ昆布フコイダン、タヒボの4成分。がん領域における補完代替医療は半数弱の患者さんが利用している。その一方で、これまでは研究データが乏しいという問題があったが、多くの価値ある研究データが集積されているものもあることが言及されている。

関連リンク:
第18回日本補完代替医療学会学術集会>>
シイタケ菌糸体研究会>>
小林製薬の癌免疫研究>>
シオノギヘルスケア フコイダン研究論文発表>>
2015年7月発売 18号 <Web公開記事>
第23回日本乳癌学会学術総会レポート 仕事・余暇を楽しめる乳がんの新しい薬物治療のあり方
第23回「日本乳癌学会学術総会」において、乳がん治療における「薬物療法」厳選口演5題が紹介された。
5演題中4演題が、副作用やQOL(生活の質)に関する研究となっており、有効性を追求するだけでなく、副作用軽減やQOLの維持を重視する方向へと進もうとしていることが言及されている。

関連リンク:
第23回日本乳癌学会学術総会>>
シイタケ菌糸体研究会>>
小林製薬の癌免疫研究>>
ソーシャル・ビューティ・ケア・プログラム>>
2014年10月発売 15号

<Web公開記事>

がん治療の効果を高める「免疫抑制の解除」の最前線 免疫力を高める方法が変わる,世界的に注目を集める話題を取材
第52回「日本癌治療学会」において、がん免疫療法における免疫抑制の解除をテーマにした5題が紹介された。
がんの治療効果を高めるには、免疫抑制を解除し、低下した免疫力を回復させることが重要であるということが明らかになってから、この分野の研究は急速に進みつつある。免疫抑制細胞の異常増殖を抑える方法の研究が、着々と進んでいることが言及されている。

関連リンク:
シイタケ菌糸体研究会>>
小林製薬の癌免疫研究>>
協和発酵キリンの抗体医薬品 >>
2013年7月発売 10号

<Web公開記事>

製薬企業が挑む「がん治療の効果を高める免疫抑制対策」 ―免疫抑制を解除するシイタケ菌糸体研究
がんに対する免疫力を高める治療方法「免疫療法」の成否を分けると考えられている「免疫抑制」に挑む製薬企業の研究状況について紹介されています。免疫抑制を解除するシイタケ菌糸体>> に着目した経緯や最新研究についても解説している。
2013年7月発売 10号

<Web公開記事>

急速に進歩する「新時代のがん免疫治療」 ―免疫抑制からの脱却による「がん治療の展望」
進歩するがん免疫治療の解説。免疫抑制を解除することでがんに対する免疫力が高まって、治療効果がアップすること。多くの研究者や製薬企業が、免疫抑制解除の治療法を開発している状況について解説しています。 柴田昌彦先生(埼玉医科大学国際医療センター消化器病センター消化器腫瘍科 教授)解説。
2013年7月発売 10号

<Web公開記事>

がん免疫を無力化する免疫抑制細胞の正体 ─ 免疫抑制対策ががん治療の成否を分ける ─
がんの患者の治療の成否は、患者の免疫力に左右されること。患者の免疫力を高めるには、免疫抑制の制御が左右することと、免疫抑制に対する最新の研究について解説している。 原田 守先生(島根大学医学部免疫学講座教授)解説。
2013年1月発売 8号

<Web公開記事>

がんの転移・再発を防ぐ がん治療を成功に導く免疫の最新研究
がんの転移・再発を防ぐ免疫研究の一例として、シイタケ菌糸体の研究事例を紹介しています。 原田 守先生(島根大学医学部免疫学講座教授)解説。
2013年10月発売 11号 最新のがん免疫療法開発の現状と展望 ―日本では各種がん免疫療法の臨床試験が進行中 河上 裕(慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 所長・細胞情報研究部門 教授)
2013年10月発売 11号 最新のがんワクチン開発の現状と臨床 今井浩三(東京大学医科学研究所附属病院 病院長) 安井 寛(東京大学 医科学研究所附属病院 抗体・ワクチンセンター) 醍醐弥太郎(東京大学 医科学研究所附属病院 抗体・ワクチンセンター)
2013年10月発売 11号 がん専門病院における「がんペプチドワクチン療法開発の現況」 ―がんの治療・再発予防に向けた免疫療法開発分野での取り組み 中面哲也(国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター免疫療法開発分野 分野長)
2013年10月発売 11号 テーラーメイドがんペプチドワクチン療法の現状と今後の展望 笹田哲朗(久留米大学医学部 免疫・免疫治療学講座 准教授)
2013年7月発売 10号 免疫療法が効く患者と効かない患者 ―がん細胞の性質と体質が合った場合に免疫療法が効く可能性がある? 河上 裕(慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 所長・細胞情報研究部門 教授)
2011年10月発売 3号 ヒトゲノム解析・がんワクチン研究の進展具合とその実用化への障壁(後編 中村祐輔氏(内閣官房医療イノベーション推進室長) 上昌広氏(東京大学医科学研究所特任教授
2011年7月発売 2号 ヒトゲノム解析・がんワクチン研究の進展具合とその実用化への障壁(前編) 中村祐輔氏(内閣官房医療イノベーション推進室長) 上昌広氏(東京大学医科学研究所特任教授)