ライフライン21 2019年1月発売 32号

2019年01月30日発行!定価1,234円

特集

がんのプレシジョン・メディシン

対談 がんと闘うための新たな矢「がんのプレシジョン医療」
本格化するがんゲノム医療
―リキッドバイオプシーとネオアンチゲン療法により日本のがん治療に革命的変化を起こす
中村祐輔氏(公益財団法人がん研究会 がんプレシジョン医療研究センター 所長)
上 昌広氏(特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長 内科医)

世界のゲノム研究を推し進めるのは、医師ではなく情報工学者
 ―日本には個別化医療の推進に必須な情報工学者が不足している
上 昌広(特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所 理事長 内科医)

プレシジョン医療と核医学治療
―複雑な法規制に阻まれている核医学治療
絹谷清剛(金沢大学医薬保健研究域医学系 核医学 教授 金沢大学附属病院 副院長)

シリーズ 「がん治療」最前線

西日本豪雨災害・北海道胆振頭部地震・熊本地震復興支援
「がん医療と新しい時代の幕開け!」をテーマに第4回がん撲滅サミットが開催される
〝がん死亡率ゼロ〟に向けた新しい時代の到来

取材協力 ● 第4回がん撲滅サミット実行委員会
文・構成 ● 関 朝之(医療ジャーナリスト)

特報

「ピンクリボンかながわin鎌倉2018」
あなたと、あなたの大切な人を、乳がんで失わないために
トークショー「乳がんと若い時から向かい合おう!~私の健康、早期発見~」
監修 ● 土井卓子(医療法人湘和会 湘南記念病院 かまくら乳がんセンター長)
取材・文 ● 宮西ナオ子(フリーライター)

Breast Cancer Network Japan–あけぼの会
「あけぼの会」創立40周年記念大会が開催
乳がん治療はどう変わり、どのように進んでいくのか
取材・文 ● 朝美 淳(医療ライター)

第21回 日本補完代替医療学会レポート
エビデンスレベルの高い研究が報告されるようになってきた
取材・文 ● 水城真一郎(医療ジャーナリスト)

連載

医療ルネッサンス 第32回
肺がん見落としの被害者をなくすために、今こそ国民視点に立ち、肺がん検診を改革すべきとき
上 昌広(特定非営利活動法人医療ガバナンス研究所理事長 内科医)

岡本友好(東京慈恵会医科大学付属第三病院副院長)の辛口トーク 第19回
人間の幸福は身近にあり、よりシンプルなものである

がん薬物療法による副作用のケアとコツ 第11回
ALK(anaplastic lymphoma kinase)阻害薬として臨床導入されているアレクチニブの副作用
村上晴泰(静岡県立静岡がんセンター 呼吸器内科医長兼通院治療センター長)
横山弘一(静岡県立静岡がんセンター看護部 がん化学療法看護認定看護師)

がんの放射線治療の副作用とその対策 第32回
主な適応と照射範囲の設定法 その⑥ 転移性甲状腺がん
唐澤克之(都立駒込病院放射線科部長)

リンパ浮腫の治療とケア 第19回
外傷性浮腫のケア
佐藤佳代子(後藤学園附属リンパ浮腫研究所所長)

〈新連載〉いのちのエネルギーを高める帯津良一のホリスティック医学講座
第1回 40年の感慨
帯津良一(帯津三敬病院名誉院長帯津三敬塾クリニック顧問)

シリーズ 先端医療

免疫新薬 第32回
免疫を動かす
~抗原スプレッディングは回帰点~
星野泰三(東京・大阪・京都統合医療ビレッジグループ理事長 プルミエールクリニック院長)

今話題の補完代替医療 第4回
がん細胞を自然死に導いて抗がん作用を発揮
~現代医学が認めた漢方の秘薬「紅豆杉」の効果~

シリーズ 山田邦子のがんとのやさしい付き合い方

そこが知りたい日本最大級の NPO法人5years(ファイブイヤーズ)の活動と今後
大久保淳一(5years代表理事)

MEDICAL NEWS DIGEST

がん免疫薬「キイトルーダ」特定の異常条件の下 全臓器に承認 厚労省、ほか

VOL.31特集「子宮頸がん予防ワクチンを考える」続報

HPVワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ
ワクチン接種の「意義・効果」と「接種後に起こりえる症状」について確認し、検討してください。
本誌では2018年10月発行のVOL.31特集において「子宮頸がん予防ワクチン」について取り上げました。
紙幅の都合によりHPVワクチン接種に対する厚生労働省の見解についてはお伝えできませんでしたが、ここに同省のホームページから「HPVワクチンの接種を検討されている方」への〝注意点〟などについてご紹介させていただきます。

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に
係る協力医療機関及び厚生労働科学研究事業研究班の所属医療機関
(平成30年4月1日現在)
厚生労働省のホームページより

シリーズ

鎌倉の四季 銭洗弁財天 宇賀福神社・源氏山公園・化粧坂

鎌倉駅の西口に降り立つと、正面に市役所通りがまっすぐに延びています。そこをしばらく歩いて最初の信号を右折、閑静な住宅地に入り、さらに北上。目指す銭洗弁財天宇賀福神社はこの奥に鎮座します。2018年12月15日(土)、山の冷気が迫る寒い朝、息を切らして坂を登るとその中腹あたりに、ぽっかりとトンネルの入り口が覗いています。異境へと誘うようなその先には、銭洗弁財天の境内が広がっていました。参拝後、隣接する源氏山公園・化粧坂にも寄り、遅い紅葉を楽しみました。

文●後藤充子 撮影●編集部

コラム

マスメディア役立ち情報 第13回
がん治療と就労の両立をめざす動き
中島由紀(フリーライター)

ひといき。  〜ビーだま〜
文・絵  基 蕗子

粒子線(重粒子線・陽子線)治療全施設一覧
全国がん患者の会一覧
新刊・既刊 患者図書館の本棚
イベント・インフォメーション
「ライフライン21 がんの先進医療」バックナンバーのご案内